家を建てるなら貯金はいくら必要か?

家を建てるときの一番の悩みは何でしょうか?

それは考える必要もないほど簡単な質問。

答は、お金です。

家を建てるのに、お金に余裕があるのなら、ほとんどの問題は解決したようなものです。

難しいことは家族の問題くらい。

家を建てる予算に十分な余裕があるなら、後は、家族で話し合って、希望の家についてすり合わせるだけで、ほとんど問題はないのではないでしょうか?

それくらい家を建てることには、お金がかかるし、費用面での問題が発生することが多いのです。

では、実際に費用はどれくらい必要でしょうか?

家はローンで建てられる

家の総費用の1割から2割くらいを支払って、残りを住宅ローンで購入する、このような方が一番多いらしいのですが、個人的には住宅ローンはフルに借りたほうがいいのではないかと考えています。

全額住宅ローンで賄う。

なので頭金は不要です。

家を建てる上で、着手金のようなものが必要になる場合も多いですが、それも含めて住宅ローンで借りることができます。

実際、家の購入金額をローンでフルに借りられるなら借りたほうがいい。

その理由は、住宅ローンの金利にあります。

住宅ローンの金利は安い

住宅ローンはとにかく金利が安いです。

自動車ローンなどに比べてもたいていの場合、住宅ローンのほうが安い。

しかも、そのローンには団信という生命保険も組み入れられていますので、金利以外のメリットもあります。

頭金を結構入れて、住宅ローンを組んだ後に、車を買うためカーローンを組む。

こういうのが一番もったいない。

住宅ローンをフルに組んで、現金を手元に残して、車は現金一括で購入する。

このほうがほとんどの場合、金利が安い分だけ当然お得になります。

家以外にもお金がかかる

家を建てるときに家以外にも意外とお金がかかります。

家具、家電であったり、引っ越し費用であったり、水道の契約などもあったりと、何かとお金が出ていくことが多いです。

一つ一つはそれほど大きな金額でなくても、それが積み重なると意外に大きな金額になります。

それらの費用は住宅ローンに組み入れることができません。

なので、別途100万円程度は、手持ちの資金が必要です。

家具などであまり我慢しないで選びたいなら、200万円ほどあったほうがいいかもしれません。

さらに念のため当面の生活資金として100万円くらいはあると、資金不足で日々の生活が心配ということはなくなります。

頭金が不要と考えて、貯金は300万円ほどあるのが理想です。

ただし、これはあくまである程度の家で妥協することが前提条件。

土地の取得費用は抜きにして、家の購入価格を2000万円程度として想定すると、これくらいでは?という金額です。

2000万円くらいの予算ならごくごく普通の大きさの家を建てることができます。

3000万円くらいの家など、すごく豪華で立派な家を建てる場合は、これ以上必要です。

家の総予算に合わせて、手持ちの必要な資金も増えてしまいますので。

必要な貯金額は?

最低限必要な貯金額は、300万円くらいではないかと推測します。

これ以下だとその時々の出費や生活面で資金不足でひやひやしながらやりくりすることになるかもしれません。

ただ、この300万円というのは、あくまで一般的にという金額。

はっきり言って、それぞれの状況によって、違いはかなり出てきます。

家を建てると、まさかの地盤改良費が掛かったり、想像しないような費用がかかる場合が頻繁に起こりえます。

最低限度のラインとして、貯金300万円以上、という認識でいいと思います。

貯金が300万円以下でも、工夫してやりくりし、もしもの時は、親に一時的な援助を頼むことができるなど、逃げ道がある場合は、何とかなる場合もありますが、住宅購入は、もうすこし費用を貯めてからにしたほうが資金面での気苦労が少なくて済みますので、無難かもしれません。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク