洗面室は広くとりたい

間取りの失敗

洗面と脱衣所。

当然のように一つの場合が多いのですが、最近はこの二部屋を分ける間取も増えてきました。

それはこの二つの部屋は、分かれていたほうが非常に合理的だから。

洗面室をちょっと使いたいというときに、脱衣所を気にしないといけないのも面倒ですし、脱衣所に洗濯機を置けるようにすれば、その音も扉で遮音できる。

脱衣所、洗面室と二つの扉を閉めておけばかなり静かです。

ただ、洗濯機の音が小さすぎて、多少の問題が起こる場合もあります。

洗濯物が多いとき、2回に分けて洗濯をすると、1回目が終わって2回目を回す、そして、1回目の洗濯物を干す、そして、洗濯終了。

2回目を完全に忘れてしまう、ということが起こります。

洗濯物を取り込むときに量がすくなかったり、あれ、あの服あらったはずなのに、って思い出したり、ひどいときは翌日、洗濯機を開けてびっくりということも。

それくらい洗濯機の音が小さくなる場合もあるということです。

洗面と脱衣所を分ける。

ただ、その二つの部屋の間に仕切りを入れるだけでは、広さとしては少し心配。

特に、洗面室側の広さには要注意。

洗面脱衣所をただ単純に分割しただけだと、かなり狭い洗面室となってしまいます。

狭いとはいえ、一人で使う分にはまったく問題ないと思っていると、朝に大渋滞が起こってしまうのです。

朝の出発時間は、家族全員、だいたい一緒ではないでしょうか?

勤務時間によって、ある程度違うならいいのですが、家族全員の出発時間がそろうと、当然起床時間も同じ、出かけるために準備する時間も同じになる。

そうなると洗面室を使う時間も同じになります。

夫婦2人と子供2人、4人がほぼ同時に洗面台を使うことになってしまう日もあります。

実際、出社時間は少し早いので、たまになのですが、そのたまにの時は私が寝坊した時。

急がないといけないのに、洗面台が家族でいっぱい。

すごく使いにくくなってしまいます。

これが一時の事ならいいのですが、こどもが巣立つまでこの渋滞は起こってしまう。

脱衣所と洗面室の扉を開けて使えば、元の洗面脱衣所と同じでは?と思うかもしれませんが、間仕切りが入っている分、非常に窮屈になっており、本当に狭く感じます。

一番いいのは、ツインボールのような洗面なのですが、なかなかコスト面から採用は難しいかもしれません。

ツインボールは無理でも、洗面室自体の広さにはゆとりがあったほうがいいでしょう。

実感として、洗面室はリビングなどのスペースを削っても広くすべきだと思う。

リビングをほんの少し小さくして、それを洗面室のスペースにできるなら、洗面室としてはかなりの広さになりますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました