アクセントクロスは使わない

家作りの考え方

壁の一面だけ壁紙を変えてアクセントにする。

たとえば、白い壁紙をベースにして、壁のどこか1面だけを違う色にする、これがアクセントクロスです。

費用もたいして掛からないため、最近では非常に多くの家で採用されています。

でも、あえて逆の提案をしたい。

アクセントクロスは使わないほうがいい。

使わないほうがいいと考える理由を挙げていきます。

スポンサーリンク

アクセントクロスをおすすめしない理由

飽きる

家が完成して、住み始めたときはアクセントクロスがあると、部屋に入ったときパッと目を引きますし、見栄えもいいので採用して大成功、と思うかもしれません。

でも、その家にこれから何十年も住む、と考えてみてください。

はっきり言って、すぐに飽きます。

あくまでも個人的な経験上での話となりますが、アクセントクロスをやってよかった、大成功、と感じていられた期間は、1年もありませんでした。

まず住み始めて半年もすれば、そのアクセントクロスに何も感じなくなります。

見ても当たり前にあるものなので、何も心が動きませんし、そもそも、見る、という意識自体が無い状態。

失敗と感じるわけではないのですが、やってよかった、なんてことは思わなくなる。

ただそこにあるだけ、という存在になります。

これは間接照明でも同じことが言えると思います。

いつの間にか点けることのなくなった間接照明。

新築して引越しをし、新居で暮らすようになってから、当初は何度か使ってみました。

間接照明を点けるとすごくいい雰囲気になるので、気に入っていましたが、徐々に点ける頻度が減っていき、まったく点けることはなくなりました。

我が家の飾り棚を照らすようにあるスポットライト。

はっきり言って、まったくつけません。

こういった間接照明と同じでアクセントクロスも、初めは採用してよかった、と思っていても、しばらく住んでいると、別にあっても、なくてもどちらでもよかったかも、と感じてしまう存在になることがほとんどです。

傷や色あせが目立つ

壁紙は日に焼けたりして色あせていったり、どんどん劣化していきます。

これが全面同じ壁紙だとあまり目立たないのですが、アクセントクロスがあるとより目立つことになります。

白系の普通の壁紙も色あせるので同じと言えば、同じなのですが、 アクセントにするため、濃い色にしたせいなのか?または、ベースとなる白色とアクセントとなるカラーの2色があるせいなのか?どういった理由なのかはわからないのですが、いずれにせよ他の壁よりもアクセントクロスの色あせが目立って気になるようになりました。

それでも経年劣化はまだいいのです。

全体として劣化していくので気にはなりますが、そこまでは目立たない。

でも、アクセントクロスの傷は致命傷です。

アクセントクロスのアクセント部分、色が違う壁は、どうしても目を引きます。

アクセントクロスとはそもそもそういう目立つ存在ですので、必然的にアクセントクロスについてしまった傷も非常に目立つことになってしまうのです。

さらに、アクセントクロスは、多くの場合、鮮やかで派手な色のクロスを選んでいると思います。

それがさらに問題をやっかいにさせます。

アクセントクロスのような鮮やかな色の壁紙を素人が補修しようとしても、上手に直すのは非常に難しいのです。

壁紙にちょっと傷がついてしまった。

こんな時に白系の壁紙ならば、ホームセンターなどで販売されている壁紙補修キットなどで自分で補修して、そこそこ目立たなくできます。

でも、傷ついたのがアクセントクロスなら、補修は業者さんを呼んだほうが無難かもしれません。

素人が手を出すと逆に目立つようになってしまうなど、傷口を広げることになってしまいます。

インテリアを考えるときに邪魔になる

アクセントクロスの色は、インテリアを考える上で非常に重要なポイントとなります。

部屋の中に大きなアクセントとなる白以外の色がすでに一つあることになるため、インテリア的にはそこからさらに色を増やしていくことになります。

必然的に普通の部屋よりも色の選び方が難しくなります。

アクセントクロスのある部屋の場合、家具を選ぶときにも、部屋全体の色をしっかりと考える必要が出てきます。

家具だけではなく、最近の家電などはデザインも非常におしゃれになってきており、色の種類も豊富で非常にカラフルな製品もあります。

家具、家電、インテリアを購入する際に、選択肢は豊富にあるのにアクセントクロスがあることによって、その選択肢に制限を掛けられたような状態になってしまうのです。

家具や家電、インテリアなどもアクセントになるようなものを選んでしまうと、アクセントクロスとインテリアのアクセントが喧嘩して、非常にごちゃごちゃとした雰囲気になってしまう場合もあります。

結果として、アクセントクロスを邪魔に感じてしまうことになってしまいます。

インテリアとして柔軟性がない

インテリアだって好みが変わることがあります。

部屋のテイストを変えようと思ったときに、アクセントクロスはまたもや邪魔をしてきます。

はじめに選んだ時は、自分の好みの雰囲気になるように選んでいるので、非常にうまくいった、と感じていても、自分の好みがいつまでも同じとは限りません。

アメリカンなものが好きだった方が、急に北欧風が好きになったり、和モダンな雰囲気にひかれることだってあるはずです。

ここまで極端にテイストごと好みが変わらなかったとしても、気分転換にちょっとした部屋の模様替えをすることや、好きな色味が変わる、くらいのことは、誰にだってあることだと思います。

でも、そのような時にアクセントクロスの色が障壁となってしまうのです。

これが普通の白系の壁紙ならば、それほど影響しない場合がほとんどだと思う。

一般的な壁紙の色である白は良くも悪くも個性がないので、どのようなテイストにも無難になじんでくれます。

そのため壁紙が白の場合、どのようなインテリアにも柔軟に対応することが出来るのです。

部屋の中のアクセントを簡単には変えることのできないアクセントクロスに頼ってしまう、というのはコストは抑えることが出来ますが、簡単には変更できない、というリスクの伴う選択ということになります。

安っぽく感じてしまう

アクセントクロスは、クロスを変えて壁に変化を持たせたものです。

ただ、アクセントクロスといったって、ただのクロス、壁紙です。

見慣れてくると、飽きるのと同様に、なんとなく安っぽく感じてしまうことがあります。

実際、たいしてコストもかかっていないため実際に安いわけですから当たり前ですね。

これが、ある程度年を経て、色あせてくるとさらに印象が悪化していきます。

後からゆっくりと楽しみたい

アクセントクロスを使わないほうがいい理由を挙げましたが、アクセントクロスにはメリットもたくさんあります。

以前は、デメリットもあるがあまりコストを掛けないで大きな変化を付けられるアクセントクロスは、どちらかと言えば、メリットの方が大きい、と感じていました。

ただ、同じ家に何十年も住む、というように長い期間、例えば20年程度の期間を想定したとき、最近では、もしかしたらデメリットの方が大きいのではないか?と考えるようになりました。

特に、家のインテリアをいろいろと考えることは、住み始めてからの家の楽しみの一つだと思うのですが、インテリアを考える上で、アクセントクロスはどちらかというと邪魔になってしまう場合が多いのです。

新築の時は、インテリアも考慮してアクセントクロスを選ぶことが出来ます。

クロスの色はいくらでもあるので、上手にコーディネートすることも比較的容易です。

でも、住み始めてしばらくして、インテリアを変えようと思ったとき、今度はインテリアの色を考えなくてはいけなくなります。

壁紙と同じようにできるかというと大間違い。

家具、家電などのインテリアには、壁紙ほどの色の種類がありません。

インテリアにあわせてアクセントクロスを選ぶのは比較的簡単です。

でも、はじめからあるアクセントクロスにあわせてインテリアを選ぶのは、限られた選択肢の中から選ぶことになるためはるかに難しくなるのです。

これでは、アクセントクロスがインテリア選びに制約を付けることになってしまい、せっかくの楽しみの邪魔になってしまっているのでは?と考えるようになってきました。

家具を見ていてすごく気に入ったソファがあった。

でも、その色がアクセントクロスの色と合いそうもない。

こんなことだって起こりえるのです。

家にこだわりがある人ほど、住んでからもいろいろと考えて家具やインテリアを購入したり、DIYしたりすると思います。

そんな人ほど、アクセントクロスは導入しないほうがいいのかもしれません。

新築時は、せっかくだから、あれもこれもと採用していきたくなるものです。

特にアクセントクロスは、新築時はほとんど費用が掛かりません。

対して、家が建ってからアクセントクロスに張り替える場合は、なかなかの費用がかかってしまいます。

こんな風に考えてしまうと、新築時にやらないと損、と思ってしまい、アクセントクロスに対して、それほどこだわりがあるわけではないのに、今しかできない、せっかくだから採用しよう、となってしまう場合が多いのです。

アクセントクロスのいい面だけではなく、悪い面も当然ある、ということをわかった上で、しっかりと検討して採用を決めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました