引き戸より開き戸がよかった

間取りの失敗

室内の扉。

開き戸、引き戸、折れ戸、大きく分けるとこの3種類。

折れ戸は、クローゼットや何か特別な事情やシチュエーション以外は部屋の扉としてはあまり使用しないので、部屋の扉として考えるなら、開き戸、か、引き戸を選ぶことになります。

以前は開き戸が多かったと思いますが、最近は、引き戸を採用することも多いのではないでしょうか?

特に開けっ放しにすることが多い扉については、引き戸が便利です。

スポンサーリンク

引き戸のメリット

扉の開閉にスペースが要らない

扉を開けたり閉めたりするとき、開き戸の場合は、扉が蝶番を基点に扇形に動くため扉の開閉にスペースが必要となります。

この無駄に見えるスペースが引き戸の場合は必要ありません。

実際には、扉のある場所はどうせ通路となるのでスペース自体はあります。

でも、実際に扉を動かすときにもスペースがまったく必要ない、というのはありがたい。

扉を開けるときに、扉の反対側に人がいて扉とぶつかってしまった、ということも起こりません。

また、扉を開けるときに、扉が戸袋の中に引き込まれる構造にすれば、壁面もすべて使用することができますので、家具を置くことができ、さらにスペースを有効に使うことができます。

開けておいたときに閉まらない

開けておきたい時に開けっ放しにしておいても扉が勝手にしまってしまう、ということはありません。

これが開き戸の場合、ドアストッパーがない限り、窓が開いていて風があるときなどは閉まってしまう場合もあります。

風の強さによっては、すごい勢いで閉まることもありますので、小さなお子さんがいるご家庭では挟まれたりしないか?という心配も出てきてしまいます。

さらに、半分開けておくのも簡単です。

開き戸では、半分開けておいても、最近の家は基本的に密閉が非常によくできているので、玄関や他の扉を開けたり閉めたりするときに扉が動いてしまうことがよくあります。

こういったことが、誰かがその扉自体を動かさない限り、まず扉が動くことはありません。

開閉のときのショックが低減できる

開き戸の場合、扉が風で勝手に閉まる、というような時には、すごい勢いで閉まるのでびっくりしてしまいます。

引き戸では風で閉まることはありません。

さらに、ちょっと勢いよく扉を開け閉めしたりしてしまった、そんな時でも扉がすごい音をたてて閉まることを防ぐソフトクローズ機能が付いているものもあります。

ソフトクローズ機能が付いた引き戸にすることによって扉が閉まりきる前に、ブレーキがかかり、ゆっくりとした動作となりゆっくりと閉まります。

扉の見た目がすっきりしている

見た目については、それぞれ感じ方が違うため、引き戸と開き戸どちらがいいとも言えませんが、すっきりして見えるのは引き戸です。

理由は、取手がほぼいらないから。

開き戸のように、ひねるようなハンドルは不要です。

必要なのは、指を掛ける溝のような形だけ。

デザインの優劣は難しいですが、引き戸のほうがよりスッキリとした見た目になるでしょう。

引き戸のデメリット

引き戸のメリットを見ると悪いことなんてないように感じますが、やはりデメリットもあります。

開閉の音が気になる

開閉の時に開き戸ならゆっくりと動かせば、ほとんど音を出さずに開け閉めできます。

これが引き戸ではそうはいきません。

まだ新築の新しい扉でも、からからと少しは音がなります。

そして、新築から年月を経ることによって、徐々に音も大きくなってきますので、初めより開閉の時の音が気になるようになってきます。

ガラガラと音が出るので、家族の誰かが寝ているときなどは開け閉めが少し気になります。

引き込み部にごみが溜まる

引き戸には扉を引き込みスペースが必要です。

そこは家具などが置かれていたりして、なかなかさわれない、掃除がしにくいような場所になってしまう場合もあります。

また、戸袋に引き込む構造では、戸袋の中にゴミなどの異物が入ってしまったら取るのは非常に面倒です。

扉を外すこともできるのですが、簡単ではありません。

開け閉めが重い

あくまで開き戸に比べてですが、扉の開け閉めが少しだけ重いです。

その原因は、ソフトクローズ機能です。

ソフトクローズ機能のために、扉を動かすときの最初の動かしだすところが少しだけ重くなっています。

大人はほとんど気にならないかもしれませんが、小さなお子様にとっては、この重さが微妙に動かしにくいようです。

まあ、こどもという点で言うなら、開き戸だって、取っ手を回しながら開ける、という動作がちょっとやりにくそうだったので大差はないかもしれません。

間取りが限定される

開き戸は基本的にどこにでも付けられます。

でも、引き戸はそうはいきません。

引き戸を引き込むスペースが必要になりますので、引き戸にできない場所というのがあるのです。

全て引き戸にしたい、という希望を持っていると、間取り自体を変更して対応しないといけない場合もあります。

音が一番気になる

個人的には、メリット、デメリットの中で、音が一番気になります。

家を建てたすぐの間はいいのです。

これが何年か経って、ごみなどの影響なのか、徐々に開閉時のガラガラいう音が大きくなって非常に気になるようになってきます。

開閉する人は気にしなくてもいいのですが、夜中にちょっとトイレに、というときなど静かに部屋から出たいのですが、引き戸ではどうしても音が出てしまいます。

赤ちゃんと同じ部屋で寝ているときなどは本当に要注意。

その音で起きてしまったら、また寝かしつけないといけなくなってしまいます。

我が家では、室内ドアは、引き戸にできるところはすべて引き戸にしてしまいましたが、部屋によって最適な扉を選ぶべきです。

少なくとも寝室は開き戸にすべきだったかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました