2階のトイレは絶対に必要

間取りの失敗

本格的に家づくりを考えていると、費用の面からあきらめたりするものがたくさん出てきます。

その中で検討するものとして、2階のトイレがあると思います。

予算の問題にぶつかった時、いろいろと考えた末に、夫婦2人であったり、夫婦+子ども2人の4人家族くらいまでなら、トイレは1つで十分では?と検討することもあると思います。

でも、2階建てでは、トイレを1つにするのは絶対にやめたほうがいい。

スポンサーリンク

階段の上り下りは非常にストレス

トイレが1階にしかない。

そこまで不便に感じない方もいると思います。

トイレが2階になくても、無ければないで別に大きな問題はなく生活できます。

そして、2階にトイレがある家でも、実際にどれくらい2階のトイレを使っているか?と考えてみると、思った以上に使っていない、という方も結構いらっしゃると思います。

でも、使用頻度も重要ですが、トイレはいざというときにある、ということが重要です。

そして、そのいざというときに、階段の上り下りが必要になるというのは、本当にストレスとなります。

いつも元気とは限らない

トイレに行きたくなったら、1階まで下りればいいだけ。

たしかに、その昇り降りさえ問題としなければ、別にトイレは1階に1つだけでも問題ないように感じるかもしれません。

でも、常に階段の上り下りを苦も無くできるくらいに元気でしょうか?

風邪を引いたり、体調が悪くて、ベッドで寝ているとき。

もし1階にしかトイレが無いなら、こんなときでも、トイレに行くのに階段の昇り降りが必要になります。

風邪などの病気以外にも、もしかしたら足を怪我してしまうことだって起こりえます。

怪我が大きければ、おそらく1階に布団を引いたりして寝ることになりますが、ちょっとした捻挫くらいなら、なんとか2階に上がって自室で寝ると思う。

そんな時に、トイレのために、1階、2階の往復。

これはかなりきついです。

いずれ頻繁に使うようになる

2階のトイレをどれくらい使うか?とよく考えてみると不要な気がする。

こう感じる方は非常に多いです。

でも、生活は変化していきます。

いつもリビングで遊んでいたこどもたちは、大きくなれば自室で勉強するようになります。

2階で過ごす時間が増えていくのです。

過ごす時間が増えれば、トイレも当然必要になっていきます。

さらに、子ども以外、夫婦のことも考えても、年齢とともにトイレは近くなっていきます。

夜、寝ているときにトイレに行きたくなって起きる、ということも増えてくる。

夜中に起きて階段を下りてトイレに行き、階段を上ってまた寝る、という状況となってしまいます。

感染症対策にもなるかも

ノロウィルスなどの病気になった時、トイレをわけられるというのは、安心感があります。

病気の時は、2階のトイレは病気の家族が使って、他の健康な家族は1階を使う。

他の面で同じ空間で生活をしているので、感染症対策として、どれほどの効果があるかはわかりません。

でも、トイレを使ったらしっかりと手を洗って出てこれば、ある程度の対策にはなると思います。

絶対にあったほうがいい

トイレは各階にあったほうがいい。

これは絶対です。

家の間取りを考えるときに、生活動線について考えると思います。

動線はできるだけ短くしたほうがいい。

この動線の考え方を、トイレにも当てはめて考えてみてください。

もはや動線という点では、各階にトイレがあるほうがいいのはあたりまえとなります。

トイレが2階に無いことのメリットは、費用面と掃除が必要、というくらいです。

後は、基本的に各階にトイレがあったほうが圧倒的に便利。

将来を見据えるともちろんですが、今だけを考えても、絶対に2階のトイレは必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました