割高な可動間仕切りは不要

間取りの失敗

今は子どもが一人だけど、将来的には2人は欲しい。

いくら計画していても、子どもは授かりもの。

絶対にもう一人できるとは限りません。

そのため家の間取りを考える時、子供部屋をはじめから2部屋作るかを非常に悩みました。

スポンサーリンク

子ども部屋が無駄になる可能性

もし、こどもが1人なら、子供部屋を2部屋作ってしまうと、完全な無駄になってしまいます。

もしこのまま子どもが1人だったなら、何か別の用途に使えばいい、とも考えましたが、余るかもしれない部屋をつくる、というのは、ちょっともったいない気がします。

いろいろなプランを検討しましたが、結局、大きな1部屋に入口となる扉を2つつけて、クローゼットとなっている可動間仕切りを部屋の真ん中に配置して、部屋を2つに分割すれば、2部屋としても使える、という間取にしました。

可動間仕切りなら完璧?

可動間仕切りで、1部屋にも2部屋にもすることが出来る。

これなら完璧。

子どもが1人でも2人でも問題ありません。

そして、ありがたいことに当初の計画通りにこどもを授かることができ、もう1人子供が増えました。

子どもが小さなうちは大きな一部屋のままで問題なく過ごしていました。

そもそもそれほど子ども部屋を使わないのもあって、ただのおもちゃの収納部屋のようになっていましたが、大きな一部屋で特に問題はありません。

子どもが小学校高学年くらいになったとき、そろそろそれぞれの部屋が欲しいのでは?と考えて、可動間仕切りがついに活躍する時が来た。

それまで壁際にあってただの収納になっていた可動間仕切りを部屋の中央へ移動。

大きな一部屋を可動間仕切りによって、2部屋に分けました。

まさに計画通り、と思っていたのですが、想像とは少し異なりました。

こどもが小学生の間は良かったのですが、中学生になったくらいから、徐々に問題が発生。

兄弟のそれぞれから苦情がでてきて、それによって喧嘩がちょくちょく起きてしまっています。

音が漏れる

原因は、騒音です。

騒音といってもそれほど大きな音ではないのですが、可動間仕切りだと、可動というだけあって動かせるようになっています。

動くということは、間仕切りと天井との間に隙間があるということ。

しかも、小さな隙間ではありません。

そこそこ大きな隙間です。

当然、普通の壁に比べてどうしても音が隣の部屋に盛れてしまいます。

漏れるというよりも音は筒抜けです。

当たり前ですね。

元は一つの部屋だったのですから。

兄弟が仲が悪いわけではありませんが、兄の友達が家に来た時など、弟からすると部屋にいるのは何とも居心地が悪いようです。

もちろん友達などが来なくても同じ。

自分の部屋なのになんとなく気を遣うような感覚があるみたいで、お互いが気になってしまい、喧嘩が増える結果となってしまいました。

最初は、ものを置いて隙間を無くそうと努力はしてみたものの、あまり効果はありません。

結局壁をつくる

最終的には、稼動間仕切りをやめ壁を作ることにしました。

家を建てた工務店にお願いしたのですが、想像より安くて、15万円程でできました。

これで問題解決ではあったのですが、あれ、ということに気が付きました。

可動間仕切りなど必要なかったのでは?ということです。

可動間仕切りの値段と後から壁を作った値段を比較して考えたとき、可動間仕切りが非常に割高に感じてしまいました。

壁をつくるにあたって、部屋を片付けないといけないとか、その間部屋を使えないなど、大工工事になるため多少面倒ではありますが、後から壁を作れるような構造であれば、それだけでよかったかもしれません。

そして、さらに言うならば、もともと二部屋にしておくのが一番よかったような気もします。

もし、子供が増えなかったとしても、初めから2部屋にもできるかなり大きな部屋となっているので、1人でその大きな1部屋を使うには贅沢すぎます。

初めから6畳くらいの2部屋で、子供が増えるまではちょっと贅沢ですが、家事室なり、納戸なりにしておけばよかったです。

タイトルとURLをコピーしました