洗面台の幅

洗面化粧台

洗面台についてなんて、家を建てることになるまでは考えたこともありませんでした。

設備メーカーのショールームに行って、キッチンや浴室と一緒に洗面台も実際に見て確認します。

洗面台といっても種類は豊富。

驚くほどにスタイリッシュでかっこいいものが、たくさん展示してあります。

スポンサーリンク

洗面台もグレードアップしたい

ショールームに展示してあるものを見てしまうと、標準のものはかすんで見えてしまいます。

当初は、そのハウスメーカーの標準のまま、幅900のものを予定していたのですが、見れば見るほどもっといいもの、大きなものが欲しくなってしまい、その横についていた収納スペースを削って、幅1200のものに変更しました。

その分、収納が減ってしまったので、ちょっと心配でしたが、洗面台自体にも収納は付いていますし、減った分を補うために、鏡の上にも収納を追加しました。

たぶん減った分よりも収納量的には多くなったはずなのでこれなら大丈夫と思っていたのですが。。。。

収納は足りなかった

結果としては、残念ながら、初めの想像通り収納不足となってしまいました。

洗面台が広い分、洗面台下の収納が広がるし、鏡の上にも収納を追加したから大丈夫、というのは間違い。

特に鏡の上の収納が問題。

位置が高いため使いにくいかも、と予想はしていたものの、その予想以上に使いにくいのです。

洗面台で使うようなものは、頻繁に出し入れするような細かいものが多いと思います。

そういったものの収納として鏡の上の収納は、とにかく出し入れしにくくて向いていない。

考えた末に、買い置きの洗剤などをしまっておくならいいのでは?と考えましたが、それすら洗剤が無くなったときに上から取りだすのが面倒なため、結局、洗面台下にしまっています。

何をしまうか考えてみるものの、鏡の上の収納って何をしまえばいいのかわからない状態に。

やはり手近なところにもっと収納があったら便利だなって思います。

洗面台はもう少し狭くてもよかったかも

実際使ってみると広い洗面は非常に気持ちいい。

気持ちはいいのですが、それ以上に収納スペース不足の不満、ストレスが勝ってしまっています。

部屋を大きくして収納スペースを作るか、それが無理ならば、幅1200のものを入れましたが、気分はいいものの、実際に使ってみるともう少し小さくても使い勝手としては十分で問題なく感じたため、予定通り幅900のものにして、残りを収納スペースにしたほうが便利だったかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました