土間収納の大きさには要注意

間取りの失敗

玄関に土間収納をつける。

これは間取りを検討する当初からの要望でした。

そして、完成見学会などで見た、天井高くらいまである大きなシューズボックスも欲しい。

家が完成してみると玄関には収納は豊富になりましたが、問題もありました。

圧迫感がすごい

土間収納とシューズボックス、この二つの収納が左右に並ぶことになる。

どちらも扉がかなりの高さまであるため、とにかく圧迫感を感じます。

シンプルな収納扉にしたので、パッと見はスッキリしているのですが、扉には違いないため、やはりなかなかの存在感になってしまう。

玄関の広さは普通のはずなのですが、圧迫感からか、なんとなく狭く感じてしまいます。

暗くなることへの対策

玄関の両側を収納にすると圧迫感以外にも問題はありました。

それが採光です。

両側が収納となるので、採光を取れるところがあまりなく、どうしても暗くなってしまいます。

こうなると玄関ドアを採光つきのものにするより手がない。

少々金額アップとなりますが、採光のできるガラス部分が大きなものを採用しました。

それと玄関ホールの廊下の奥にあった窓も少し大きいものに変更しました。

それでもまだ少し暗いのですが、真っ暗は避けられました。

とは言え普通の玄関よりは暗めかもしれません。

玄関が大きくなってしまう

玄関を小さくはしたくないのですが、予算の都合もあり、玄関をそれほど大きくすることはできません。

シューズボックスは奥行きがそれほどないからよいのですが、土間収納は奥行きが浅いと使いにくいような気がします。

でも、予算から考えても、どうしてもそれだけのスペースをとることが難しい。

初めの想定していた予算はオーバーしているので、これ以上家を大きくすることを簡単には選択できません。

かといってどこかの部屋を削るのも嫌。

結局、土間収納の奥行きのために玄関の面積を少しだけ広げました。

それでも土間収納の奥行が足りない!

少しだけ奥行を深くした土間収納ですが、はっきりいうとまだまだ足りませんでした。

土間収納の面積自体は、ある程度余裕があるのではないか?と想像していたのですが、それもほとんど余裕はありませんでした。

そして、心配していた奥行については、もう圧倒的に浅すぎたと感じています。

土間収納にしまいたいものって想像以上に大きなものが多いです。

ベビーカーや子供が外で遊ぶおもちゃ、さらに、庭のお手入れ用品など、土間収納にしまいたいものは、どれも収納ボックスなどのように四角い物はほとんどありません。

中にしまってみるととにかく収まりが悪く、想像以上に場所を取ってしまいます。

我が家のベビーカーが大きなものだったのもありますが、それだけで半分近くの場所を占拠してしまいました。

そして、庭のお手入れ用品も問題あり。

長いものやじょうろなどのようにいびつなものばかり。

予想以上にうまく入らなかったです。

扉の大きさにも問題あり

土間収納の扉にも使いにくい問題がありました。

土間収納の幅が、約180cmですが、扉の大きさは120cmくらい。

構造上、こうなっているようなのですが、やはりこの60cmくらいの部分がどうにも使いにくいのです。

もともと奥行きが80cmくらいしかないのに、この60cmの部分に何かを置いたとすると、取り出す時に扉の前にあるものを出してからしか取り出せません。

できるだけ取り出せるものを置いたり、めったに取り出さないものを置くように考えてはいますが、置くものを考えないといけない時点で収納としては、ちょっと失敗ですよね。

土間収納にしまうものは大きなものが多いです。

大きなものを取り出すには収納内のスペースに余裕が必要。

あまり土間収納だけを大きくするわけにもいかないと思いますが、土間収納をつける場合は、ある程度大きさにゆとりがないと使い勝手が悪いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました