勝手口の位置はどこがいい?

間取りの失敗

勝手口はその名の通り、キッチンについていることが多いと思います。

私も特に考えることもなく、当たり前のようにキッチンのつきあたりに勝手口をつくりました。

使い勝手としては悪くないのですが、想像以上にデメリットもありました。

スポンサーリンク

冬寒く夏暑い

勝手口の一番の用途はゴミ出しだと思っています。

実際にゴミ出しにも便利。

生ごみをもってリビングを通ったりしなくてもいい。

それ以外でも、我が家の間取りだとちょうど玄関と反対側になり、庭に出るにもこちらから出たほうが便利です。

出入口としては完璧な位置でした。

ただ、出入りしないときにはその場所に勝手口は問題がありました。

勝手口の扉は、よくあるアルミ製のものなのですが、それが問題です。

この扉、すごく外の温度を伝えてくれます。

夏は熱くなり、冬はすごく冷たくなる。

季節感をダイレクトに伝えてくれるのです。

冬の寒い時期には、あまりにそちらから冷気が来るので、扉に隙間があるのでは?と疑って調べてみましたが、ほぼ隙間はないくらいに扉はきちんと調整されていました。

そうなると、この扉自体を伝わって冷気がきている、としか考えられません。

実際に触るとすごく冷たい。

夏はというと、もちろん暑い。

エアコンが入っているので涼しいのですが、料理をするとどうしてもキッチンは暑くなります。

さらに、勝手口に近づくと、勝手口からの熱を感じます。

ダブルの熱によって、やはりすごく暑くなってしまいます。

勝手口による暑さ、寒さは、なかなか大きな問題です。

玄関と勝手口の違い

冬の寒い時期には、玄関の扉も当たり前ですが非常に冷たいです。

でも、玄関については生活していて、それほど気になりません。

考えてみれば当たり前のことで、玄関はリビングやダイニングとはそのままつながっていません。

たいてい玄関ホールとリビングの間には扉があるはずです。

だから、扉を締めればいいだけなのです。

でも、勝手口は違います。

キッチンについており、その間に扉はなく常につながった状態。

料理中は常に扉からの冷気や熱気にさらされることになります。

キッチンは細長い形の場合が多いので、エアコンがもともと効きにくい形になっている場合がほとんど。

さらに、ダイニングとリビングにつながっていて、勝手口の冷たさがLDK全体に常に悪影響を与えていることになってしまいます。

どこにあればよかったか?

キッチンが良くないならば、勝手口をどこに付けるべきだったのか?

現在の我が家の間取では、特にここだ、といういい場所はなく、どうしようもありませんでした。

キッチン以外には、つけようがない状態でした。

では、どのような間取にすべきだったのか?

脱衣所と一体なので我が家は無理ですが、洗面室が独立していたなら、そこにつける?

でも、洗面室が寒くなるのもあまりうれしくはありません。

廊下につけるか?

それもいまいち。

もともとあまり暖かくない廊下全体が非常に寒くなりそうです。

いろいろ考えてみてもいい位置はなかなか見つかりません。

結局、どこにつけるか?というよりは、勝手口に扉を付ければよかったのかもしれません。

勝手口を二重扉のような形にする。

勝手口の土間部分を上がると、すぐに引き戸があるような形。

玄関と同じで普段の生活空間と勝手口はきっちりと隔離する。

これで外の温度をかなり遮ることができると思います。

ただ、この場合、使い勝手は悪くなります。

キッチンにダイレクトにつながっていることが勝手口の使い勝手の良さだったのに、扉が一枚ありますから。

でも、寒さや暑さのことを考えると、多少の使い勝手は犠牲にしてでも、扉があったほうがいいと思います。

開き戸だと扉が邪魔になりますが、引き戸なら春や秋など気候がいい季節は開けっ放しにしておけば、これまでと変わらない使い勝手を実現することもできます。

勝手口って・・・

どこにつけるか?以前にそもそも勝手口が不要な方もいると思います。

勝手口はいる?いらない?

何に使うべきかわからない。

そんな方には、そもそも勝手口は付けない、ことをおすすめします。

家を建てるときには、後から追加できないようなものは、無いよりはあったほうがいいかも?と考えて、予算が許すならば、とりあえず有り、という形で進めてしまいます。

でも、勝手口については存在しているだけでデメリットもあるのです。

勝手口を何に使うか考えて、あまり使い道がない場合や、あっても無くてもどちらでもいいかも、と思うようなときには、勝手口をつけない、という選択をすべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました