樹脂サッシについて考えてみる

家作りの考え方

樹脂サッシが徐々に一般的になっています。

アルミサッシに比べて断熱という意味では圧倒的にいい。

まあ、サッシの面積なんて家の面積に比べればたいしたことないので、気にしなくてもいい程度とも言えますが、断熱にこだわるなら、サッシにもこだわりたくはなります。

でも、樹脂サッシにも、アルミサッシに劣る点はあります。

スポンサーリンク

樹脂サッシのデメリット

強度に不安

アルミと樹脂。

比べれば当然アルミのほうが強度が上です。

そのためか樹脂サッシはどうしても割れるというリスクが付きまといます。

かなり割れにくい樹脂素材を使っているとはいえ、アルミに比べれば割れる可能性は高いです。

どうしても重くなる

樹脂サッシはどうしても重くなります。

アルミより軽い樹脂を使っているのになぜ?って思ってしまいますが、理由は簡単。

上でも挙げたように、樹脂はアルミより弱いからです。

弱い樹脂を使うにはどうするか?

強度を出すためには、アルミよりも分厚い樹脂をつかうしかないため、使われている樹脂の量がアルミに比べて多いのです。

単純に分厚くして強度を高めるしかないため、重くなってしまう。

これはそれぞれの窓を開閉してみれば誰でもわかるくらいに違います。

経年劣化

アルミも多少は劣化しますが、一般的な環境では大きな問題はありません。

対して、樹脂サッシ。

劣化により割れや色の退色を生じることがあります。

樹脂の種類にもよりますし、環境にもよるのですが、劣化という点では金属であるアルミよりも劣っています。

樹脂サッシの取付方

このように基本的に強度面に不安がある樹脂サッシですが、樹脂サッシが日本に導入されてから、すでにかなりの年月がたっています。

その中で割れが発生したり、問題が発生した割合は、それほど高くありません。

さらに、樹脂もどんどん改良が進んでいますので、それほど気にすることはないのかもしれません。

ただ、アルミサッシと比較した場合、間違いなく強度や劣化の問題はアルミサッシよりも大きなリスクがあると思います。

そして、アルミより劣化しやすいであろう樹脂サッシの使い方、取付方に個人的に大きな疑問を感じています。

基本的に樹脂は経年劣化などにより消耗すると考えていいと思います。

ということは交換することを前提として考えた構造であるべきだと思うのです。

樹脂サッシの構造を見てみると、窓自体は簡単に交換可能です。

でも、窓枠はどうなっているでしょうか?

窓枠は、外壁を外さないと簡単には交換できないような構造になっている。

これが一番の問題だと考えます。

樹脂である限り、劣化します。

ならば交換が簡単にできるような構造にすべきだと考えます。

樹脂が悪いわけではありません。

その構造が一番の問題のような気がしています。

樹脂サッシのメリットの疑問点

デメリットについては、これくらいにしておいて、今度はメリットについて考えてみます。

主なメリットとしては、断熱性があげられます。

樹脂サッシがアルミサッシより断熱性がいいのは間違いないのですが、少し疑問を感じる点もあります。

家全体の中でのサッシ

断熱という点については、アルミサッシに比べて、樹脂サッシが圧倒的に高性能です。

アルミという材質は、非常に熱を伝える材質で普通の鉄よりも数倍熱をつたえますので、樹脂のほうが断然いいのは間違いない。

でも、家全体で考えた時、そもそもサッシについてそこまで気にすべきだろうか?と考えると難しい問題です。

ガラス部分は家の面積で考えても大きな部類に入ります。

でも、窓枠であるサッシの部分の面積は微々たるものでしかありません。

さらに、24時間換気において、排気した分、外気をそのまま取り入れると冬場はかなりの熱損失があります。

その量は、サッシの違いによる損失より数倍大きいと考えられます。

ある問題に対応する場合、対応すべき順序は影響の大きなものから行うのが一般的です。

本来は、換気システムについてもっと対策すべきだと思うのですが・・・・。

サッシについては徹底的にこだわるのに、換気についてはそれほどこだわらない、というのは断熱という意味においては本末転倒です。

サッシだけではないのですが、断熱というのは熱を断つということになります。

これは常に熱を断ち続けます。

どういうことかというと、屋外の気温を上手に室内に生かせないということになります。

実際、真夏や真冬は高断熱な家が有効なのかもしれません。

空調などの冷暖房器具を使って室内を快適にする。

その快適さを、熱のロスがないため安価に維持することができます。

でも、春や秋には屋外が快適な環境であった場合、外気や太陽の熱を室内に取り入れたくても、うまくいかないということになってしまいます。

それはもちろん高断熱なため熱をすべて遮断しているから。

常にエアコンを入れているから大丈夫。

そういう考え方もありますが、エアコンにできるだけ頼らずに、自然の状態で快適に暮らしたい、という気持ちも、少なからず持っている方も多いと思います。

軸組みではより心配かも?

木造軸組みにおいて、樹脂サッシを採用するのはどうなのでしょうか?

おそらくすでに実績はたくさんあるとは思いますが、普通の軸組みでは構造上、2x4などと比較して、木の動きのための家のゆがみが大きくなると思います。

そのゆがみに対して、樹脂サッシで大丈夫なのだろうかという疑問があります。

ただ、このゆがみは各家によって違うので問題が顕在化しないのかもしれません。

一部の樹脂サッシの割れが発生した家などは、もしかしたら家の構造上、ひずみやゆがみが多い構造になっているのかもしれません。

ただ、樹脂サッシの割れは軸組みだけというわけではないので、単純に軸組みには不向きである、ともいえませんが、構造的により強度のあるアルミサッシのほうがいいのではないか、と個人的には思ってしまいます。

しっかりと比較検討することが大切

私は個人的に、アルミサッシと樹脂サッシのメリット、デメリットを比較して、さらに最近のそれぞれの価格差まで考えてみても、樹脂サッシの採用はありだと思っています。

樹脂サッシならその断熱性から冬にサッシが結露する可能性はアルミサッシに比べればかなり低くなるでしょう。

樹脂サッシのメリットは確実にあります。

でも、もし予算の都合から減額を考える時には、減額の候補として挙げざるを得ないかもしれません。

樹脂サッシを採用しないなんてありえない、というほどの効果や圧倒的なメリットがあるか?と考えると少し疑問を感じています。

当然なのですが樹脂サッシを推奨する人は、樹脂サッシのメリットばかりを強調します。

アルミサッシは時代遅れで、何もメリットがないかのように。

さらには、海外では樹脂サッシが当たり前だ、というような情報など、環境などによる違いなどは考慮せず、誤認させるような広告や宣伝まである。

たしかに海外において、樹脂サッシも多いですが、木製サッシはそれ以上に多いです。

そして、サッシの種類も違う。

日本では一番よく採用される引き違い戸ですが、海外の多くの国では、主流ではありません。

上げ下げ窓、滑り出し窓、ドレーキップ窓などが多いように感じます。

実際には海外と日本を比べると、窓の構造自体が異なっているのにサッシの材質だけを見て、海外では樹脂サッシが・・・これではわざと誤解させようとしているのでは?と言われても仕方がない気がします。

広告・宣伝には十分気をつけるべき

樹脂サッシには、間違いなくメリットがあります。

でも、アルミサッシにも大きなメリットが存在しています。

家において重要な耐久性や強度、そして、樹脂サッシよりも遥かに長く使われているという実績など。

両者のメリット、デメリットをきちんと比較検討して採用するべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました