契約までどれくらい考える?

家を建てる。

ほとんどの方にとっては、一生に一度あるかないかのこと。

当然、気合を入れてしっかりと考えます。

最初はどうするか?

まずは、住宅展示場へ足を運び、ハウスメーカーのモデルハウスを見て回ります。

ある程度目星を付けたら今度はそのハウスメーカーの工場見学、建築中の構造見学、完成した物件の見学会などのイベントに参加して、さらに絞り込む。

最終的には、2、3社に絞り込んで、建築プラン、見積を依頼。

ここまででもかなりの時間がかかります。

でも、仕方ありません。

人生で一度あるかないかの大きな買い物です。

慎重になってしまいます。

ついに出てきた見積は、こんなにかかるの!というくらいの予算オーバー。

家を建てるのには、本当にお金がかかります。

さらに、プラン、見積を出してもらうと、ハウスメーカーによっては、いついつまでに契約をお願いします、というように期限を切ってくることがあります。

この期限内でないと、見積の金額では契約できません、というような具合にプレッシャーを掛けられることも。

でも、人生に一度の高価な買い物にそんな簡単に決断はできません。

理想を詰め込んだプランはあきらめて、仕方がないのでプランの見直し、予算の調整などを行って、さらに、値引き交渉。

あれこれと考えたり、交渉したりしていると、あっという間に2、3ヶ月経ってしまって・・・。

年内に入居をと考えていたのに、まだ契約するハウスメーカーも絞り込めていないような状態。

後になって気が付いたのですが、複数の住宅展示場に行って、その中でも多くのモデルハウスを見て、しっかりと検討したのですが、それが少し度を過ぎていたかもしれません。

あまりにたくさん見た結果、どんどん決断ができなくなってしまったような気がしています。

ほとんどの場合、ここはあのメーカーのあのモデルハウスが良かった、この部分は、あのメーカー、でも、金額的には、こちらのメーカー、という感じで一長一短なことがほとんどで、まったく決められなくなってしまう。

完璧なメーカー、モデルハウスというのは、おそらく存在しないのではないでしょうか?

完璧なものを探そうとするあまり、最初は楽しかった家作りも、だんだんと楽しくなくなり、むしろ苦痛なことになってしまいました。

それは当たり前です。

ほとんどの方にとって住宅ほどの金額のものを買うことはまず初めてのことです。

車だってなかなかの金額ですが、車なら売却も可能ですが、マンションならともかく、一戸建ての売却は非常に難しい。

そのプレッシャーはかなりのものです。

さらに、ハウスメーカーとの交渉、家族間の調整など、とにかく大変なストレスにさらされます。

最終的に、何とかハウスメーカーを決めることはできました。

ただ、結果論なのかもしれませんが、家作りを楽しんでいる段階で、決断出来ていたらよかったな、と感じました。

ハウスメーカーを検討している最終段階では、仕事中にもふと家のことを思い出し、考え込んでしまっていました。

仕事中に他事を考えてしまうほど悩んでしまっていることは、普通ではありません。

本来、家を建てる、ということは非常にうれしくて、楽しいことなはずなのに、そのことが苦痛になってしまうというのはすごくもったいないことです。

そして、最終的に決断したプランと見積は、振り返って比較してみれば、検討途中に似たようなプラン、同じような金額の見積があったな、というもの。

わずかな救いは、その途中の見積より、金額がわずかに安いということくらい。

でも、最終的な決断できるまでのかかった時間とストレスなどを考えると、まったく安くて良かったとは思えない程度の金額差でした。

優柔不断であるということが主な原因ではありますが、終盤に悩みに悩んで調整したりしていたことは、ほとんど意味がなかったのではないかと思ってしまいます。

家は確かに一生に一度の非常に高価な買い物かもしれません。

でも、ある程度、勢いというか、思い切りというか、はやいうちに思い切って決断することも大切かもしれません。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク