トイレに広さは必要か?

トイレ

トイレでも快適にすごすため、ある程度の広さがあったほうがいい。

こんな風に考えましたが、この点は、完全に失敗でした。

スポンサーリンク

トイレの一般的な広さ

0.5坪、180cmx90cmというのがよく見る間取りのトイレ。

アパートのトイレはこれよりかなり狭かったのでこのサイズにしました。

この0.5坪も実際には壁の厚み分をマイナスしないといけないので、実際はもう少し狭くなるのですが、このサイズは十分広くて、実際にはもう少し狭くても全然大丈夫。

特に奥行の180cmというのがむしろやや深すぎて不便だと感じました。

便座に腰を下ろしているとき、扉の鍵まで手が届きません。

ちょっと遠すぎる気がするのです。

深さの弊害

家のトイレだと油断もあって、思わず鍵なんてかけないで便座に座って用を足していたら、急にこどもが入ってきて、トイレの手洗いの水を出して遊び、水をまき散らしてトイレから出て行った、なんてことがおこったりもしました。

トイレの奥行が広いため、トイレの扉の鍵はもちろん、入口付近にある手洗いで何かされても手が届かない。

なすすべ無し。

こどもを叱りましたが動けないのを知っているからか、しばしやりたい放題でした。

考えてみると、トイレの奥行があったからといって、大きなメリットは感じたことがありません。

むしろ必要なのは奥行ではなく幅だと思う。

幅が90cmはやや狭い

幅の90cmは普通のトイレなのでまったく不便ではないのですが、正直ちょっと狭いと感じるかも。

この幅があと30cm広い120cmだと、かなり快適だと思う。

120だとペーパーホルダーがちょうど足のところにあっても気になることはない。

タンクレスなどを選択して、トイレの手洗いを別でつけた場合も120cmだとかなり便利だと思う。

90cmの幅だと手洗いを入口付近につけたとき、手洗いのシンクが大きいと出っ張りすぎるため、小さいものを選ぶしかありません。

こういった標準的なサイズのものを取付けると、 かなり気を付けて手を洗わないと、床に水が垂れてしまいます。

これが120cmならもう少し出っ張っても大丈夫だから手洗いとして不便のない大きさのものを付けることができます。

トイレに広さは不要

そもそもトイレには広さなんてまったく必要なかった、とも感じています。

圧迫感を感じることがあったとしても、気にするほどのことはなかったと思うのです。

そもそもトイレで落ち着く必要なんてありません。

用を足してトイレから出る、それだけなのに、そこに広さや快適性などは不要。

あえて言うならトイレでの快適さよりも掃除のしやすさのほうを重視したほうがいいと思う。

トイレは広さは狭くてもいいから、汚れが付きにくかったり、掃除がしやすいなど、高機能なものを選んだほうがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました