排水桝とメーターには注意

外構の失敗

外構は家が完成してからゆっくり考えよう。

建築中はとにかく家に集中。

家が完成して引渡しも済み、引越して住み始めてから外構について考え始めました。

家の周りが、土のままでは雨が降ったらぐちゃぐちゃなのですが、もともと建築中にも工事の車が出入りするため、一部にはバラスがまいてあったのでそこまで生活に不便もありません。

見た目がちょっとみっともない以外は、特に問題もなかったため、外構については、のんびりと考えていました。

でも、すでに外構を考えるには遅すぎたのです。

スポンサーリンク

排水桝の位置

住み始めて新居にも徐々に慣れてきて、やっと外構に手を付けることになりました。

まずは、業者の選定。

近所の業者を訪ねて、見積をもらうことにしました。

そこで問題が発覚。

業者が、現地を見ながら希望をうかがいたい、ということだったので、家に来てもらって希望を伝えたのですが、どうも浮かない表情です。

理由は、排水桝の位置にありました。

我が家の希望するような位置で門柱、塀、アプローチをつくろうとすると、どうにも排水桝が邪魔になるようなのです。

排水桝自体を動かすこともできるにはできるのですが、ちょうど排水が何本も集まってくる枡のため動かすのも難しいみたい。

ハウスメーカーの図面には細かい位置までは出ていませんでしたが、図面上でも大体この位置にあるためどうしようもありません。

メーターの位置も気になった

ガスメーターと電気メーターの位置なんてそれほど気にしていませんでしたが、その位置もちょっといまいちだったかも。

玄関照明では見た目がいまいちなので、少し離した位置にしましたが、外構の関係から、かなり回り込まないとメーターが見られない位置となりました。

これは検針の人がいちいち中まで入り込んでくるということ。

別にそこまで気にはしていないのですが、どうせならあまり入らないでメーターが見られた方が住んでいるほうも、検針する方にとっても良かったのでは?

これも実は、排水桝が理由です。

門柱の位置を変えた結果、塀の位置が変わり、ガスと電気のメーターを見るには門をぐるっと回ってからしか見れなくなってしまったのです。

外構も早めに検討すべき

外構は確かに後から考える、ということも可能です。

でも、初めから考えておけば、ハウスメーカーに排水桝やメーター位置を具体的に指示できたはず。

こんなことは起きなかったのです。

後からできるとは言うものの、ある程度の位置くらいは検討しておくべきだったと思います。

もし今から家を建てるなら、なかなか建物が無いとイメージするのも難しいですが、着工前の地縄の段階で外構についても簡単な見積を取っておくといいかもしれません。

何事も早めに検討することが重要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました