屋外のコンセント

外構の失敗

外のコンセントって何に使うのだろう?

我が家の場合、バーベキューなんてやりそうにもなかったし、使い道がよくわからなかったのですが、念のため付けておいた方がいい、とハウスメーカーの担当者が言うので、それなら、と家の南の庭側に1ヶ所だけつけることにしました。

1ヶ所付けても費用は想像以上に安かったので、念のために、その正反対となる北側にもさらに1ヶ所追加しました。

計2ヶ所つけたのですが、これでもまだ足りなかった。

どうせなら東の玄関側にもつけるべきでした。

玄関側には、駐車スペースがあり、外構工事で後からカーポートをつけるつもりでした。

カーポートをつけるとカーポートの屋根の下が暗くなってしまうのでカーポートの下に照明を付けたくなったのですが、カーポートに照明を追加しようにも電源を取るところがありません。

乾電池や太陽光を利用したソーラー式の電源自体が不要なものもあるのですが、乾電池式はやはり交換が面倒ですし、ソーラー式なら電池交換も不要ですが、光ったときの明るさがやや暗めのものが多いです。

照明の数を増やして明るくする方法もありますが、照明が何個並んでいるのも見た目があまりよろしくない。

仕方なく電源を庭側の屋外コンセントから引っ張ってもらいました。

見た目のことも考えて、地中に配管を埋めて配線工事をしてもらいましたが、当然工事費用は少し高くなってしまいました。

今になって思えば、電源をどこで使うか?と考えれば、北側より、当然駐車場側のほうが、使う可能性が高いのは明白です。

電気関係の打合せのとき、メーカーの設計の方も、玄関周りに、コンセントをつけたほうが・・・ということを言っていたような。

でも、その時は玄関まわりの見た目をスッキリさせたかったため、コンセントすらないほうがいい、と思い、電源についてそれほど深く考えもしないままに、なしにしてしまいました。

ちなみに、北側のコンセントですが、残念なことにまだ一度も利用していません。

電気って結局、人がいるところのほうが必要になる可能性が高いようです。

あまり人がいないところには必要ないのかも。

どこにつけたらいいかわからない時は、人がよく通る場所につけるべきかもしれません。

屋外コンセントは、間取りが決定して電気関係の打ち合せのときに決めると思いますが、実際は外構と密接にかかわってくるため、外構でどこに電源が必要かもある程度考えてないと、どこに必要で、どこに必要でないかは判断が難しいと思います。

でも、家を建てるその段階で外構のことまで考えるのは、かなり厳しいと思います。

バーベキューをしたいとか、なにかこれに使う、という明確な目的があるなら別ですが、多くの人は屋外コンセントを何に使うか、具体的には何もプランを持っていないことが多いため、屋外コンセントの計画は適当になりがちかも。

ただ、どうせ適当につけるなら、もしかしたら無駄になってしまうのも覚悟の上で、用途がなにも思いつかなくても、家の4隅にそれぞれコンセントを作ってしまう、というのも一つの方法かもしれません。

屋外コンセントの追加なんて、計画段階では、金額的に微々たるものですから。

これが家が建ってしまってから追加しようとすると、なかなかの費用になってしまうと思います。

それから屋外コンセントでもう一つ忘れがちなところがあります。

それはベランダ。

我が家の場合、ベランダが広いわけでもないし、昔のアパートのようにベランダに洗濯機を置いたりもしないため、まったく必要ないと思っていたのですが、意外にも、あればあったで使うものです。

私の場合はつけ忘れて少し後悔しています。

ベランダで電気を使うことはめったになく、高圧洗浄機をつないでベランダの清掃を行う程度なのですが、ベランダにはコンセントがありません。

仕方がないので室内から電源を取るのですが、そうなると部屋からベランダへの窓を完全に閉めることができない。

窓が閉められない状態で高圧洗浄機を使ってベランダを清掃すると、操作をほんの少し間違えば、部屋の中が大変なことになってしまいます。

今のところ、気を付けながらやっているので大丈夫ですが、そのうちやってしまうような気がしています。

結局、ベランダで電源が必要になることは年に1、2回の清掃時くらいしかありませんが、その年に1、2回の清掃のたびに、コンセントをつけておけばよかった、と後悔しています。

屋外であろうと人が行くところにはコンセントがあると便利に使うことができる、という一つの例です。

タイトルとURLをコピーしました