外壁総タイル張り

その他

家の外壁のメンテナンスには、10年ごとに結構な費用がかかります。

でも、外壁を総タイル張りにするならば、基本的にメンテナンスは不要となる。

こんなふうに外壁のタイルを推しているハウスメーカーの営業さんはアピールしてきます。

メンテナンス費用をできるだけ抑えたかったので、結構なコストは掛かりましたが、外壁にタイルを採用しました。

外壁はすべてタイル張り。

でも、予算があまり無かったので、できるだけコストアップにならない安いタイルを選んだためか、最近のサイディングと比べると、見た目としては、むしろいまいちかも・・・。

それでも、サイディングと比較して、継ぎ目のシーリングの目地が無いので、メンテナンス費は不要です。

ただ、サイディングの家に住んでいる友人から、見た目や目地のシーリングが悪くなるだけでメンテナンスなんて、たいして必要ないらしい、ということを聞きました。

その友人の知り合いが外壁のサイディングの工事をやっているみたいなのですが、その人から聞いた話によると、基本的にシーリングが悪くなったとしても、別に雨漏りするわけではない。

シーリングの切れ目などから水が浸入するようにはなるが、普通の雨くらいなら大抵の場合、ほとんど入ることはない。

シーリングの悪くなったところに、高圧洗浄機で水をかけたりすれば、多少中には入るだろうが、普通の雨では入ることはまれのようです。

高圧洗浄機くらいの力、台風の時などには、少しくらいは中に入りそうだが、その下には防水シートがあるため、断熱や家の中にどんどん染みこんでいくことはないからたいして心配ないとのことです。

さらに、そもそもサイディングの張替えをやる家なんてそれほど数がないため、絶対に正しいとはいえないが、シーリングが切れたからといって、サイディングはもちろん、家自体やその下地がひどい状態になっているものは、経験上見たこと無いそうです。

むしろ建て替えのために解体した家の外壁の下が思いのほか綺麗だったので驚いたことならある、といっていました。

その解体した家はシーリングは切れまくっていたそうですが、まったく問題なさそうだったみたい。

こんな話を聞いてしまうと、外壁のメンテナンスといっても、防水という点ではほとんど不要のようで、見た目のためのメンテナンス、と考えてもいいようです。

サイディングって思ったより耐久性があるんですね。

これがほんとうならタイルのメリットはメンテナンスや耐久性ではなく、見た目、ということになってしまいます。

そして、外壁が総タイルだといっても、外壁まわりのメンテナンスがまったくないわけではありません。

たしかにタイル自体はほぼメンテナンスフリー。

ほとんど劣化もしません。

でも、基本的に外壁とサッシの継ぎ目周りなどのメンテナンスは変わらず必要とのこと。

・・・結局メンテナンスは必要なら我が家はサイディングで十分だったかも。

サイディングの見た目が嫌いでないなら、かなりの年数を経ても見た目があまり変わらないという以外、あえて外壁をタイルにする意味はないのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました