照明のスイッチ 失敗しがちな場所

計画の失敗

照明のスイッチの場所を考える。

かなりしっかり考えて、完璧だと思っていても、家が完成して住み始めると失敗に気が付きます。

スイッチを検討するときに注意すべき点を何点かあげます。

廊下の照明について

廊下のスイッチの位置については失敗は非常に起きやすいです。

理由は、人の出入りが複雑な場合が多いから。

寝室などは出入口が一つだけ。

基本的に唯一の出入口にスイッチを付ければいい。

でも、廊下を見るとほとんどの場合、各居室など扉がいくつも並んでいると思います。

動線から考えると、各扉の場所にそれぞれ廊下の照明スイッチを付けたほうが便利ではありますが、大量にスイッチを付けることになって、それもちょっと変・・・。

結局、たいていの場合、廊下の端と端にそれぞれつけるような形にするしかありません。

でも、そうなると真ん中あたりの部屋にいた人は、一旦暗い廊下に出ることになってしまいます。

廊下をセンサースイッチにすれば問題は解決するのですが、最近では廊下に棚を作るなど収納を配置があることも多く、意外とその場に長くいるというシチュエーションもある。

そんな時にはセンサースイッチが問題となる。

センサーで一度は電気が点きますが、そのままあまり動かないでいると消えてしまうのです。

本棚などがあり、本を探していたりすると急に照明が消えてしまう。

動けばまたつくので、消えたら手をあげたりしてセンサーにいることを気が付いてもらうしかない。

これが結構ストレスだったりします。

これの対策としては、少々コストはかかりますが、スイッチで点灯する照明を別に用意しておくというのもありです。

普段はセンサースイッチに連動した照明で廊下のあかりとする。

別に棚や収納専用の照明とスイッチを設けておけば、センサースイッチが勝手にOFFして真っ暗になるのを防ぐことができます。

ただ、センサーがあるのに棚や収納用の照明はつきません。

最初はセンサーの照明で十分明るいため、結局、棚用の照明を付け忘れたりすることも多いため、思ったよりは効果は無いかもしれません。

いずれにせよ、照明に工夫が必要になります。

出入口にはスイッチを

出入口には基本的にその部屋の照明のスイッチを配置してください。

ほとんど出入りしないところでも付けるようにする。

特に回遊型の間取の場合、キッチンの照明スイッチを片側だけにつけておくと、結局動線が限定されてしまい、照明を消すためにその回遊できる自由度がなくなってしまい、もったいない動作になってしまいます。

間取りを考えているときには、こんな動線では動かないだろう、と思っていても生活してみると不思議なもので、想像しないような動線で動いたりする。

動けるところには人間は動くみたい。

出入口にはスイッチは必須です。

玄関は絶対にセンサーがおすすめ

玄関を入ったらすぐに照明が付く。

これは本当に楽。

暗い中、スイッチを探すため手探りする必要もありませんし、両手に荷物を抱えて帰ってきたときも、勝手についてくれるため非常に助かります。

ただ、注意すべき点が一つあって、スイッチの位置には注意してください。

天井に取り付けるタイプなら何の問題もありませんが、普通のスイッチと同じで壁に取り付けるタイプでは、シューズボックスなどが出っ張っていたりしていて、その陰になってしまうとセンサーが検知してくれず、なかなか照明が点灯しない、ということになってしまいます。

また、玄関なので来客も多く、花を飾ったりということもあるかと思いますので、それらのインテリアもセンサーを隠してしまわないように初めから気を付けておくといいでしょう。

収納内に照明をつけるならスイッチは外に

クローゼットなどの収納の中にも照明があると意外なほど便利です。

収納の前側にあれば、結構下のほうまで照らしてくれます。

でも、その照明のスイッチはクローゼットの外にしたほうがいいかも。

スイッチが外にあると折れ戸の横だと、スイッチが押しにくいというデメリットもあるのですが、中にあるほうがデメリットが多いと感じます。

中にある場合、収納なのにスイッチのために物が置きにくくなる。

そして、もう一点大きな問題として、消し忘れやすいということがあります。

ウォークインクローゼットにはたいてい照明があると思いますが、扉付にした場合、中の照明は結構消し忘れがちです。

それを防ぐ方法としてはスイッチが外にあるということが一番です。

一般的なスイッチは消灯字はスイッチのLEDが緑に点灯しています。

これを見ればクローゼット内の照明が点いているか、点いていないか、一目瞭然です。

でも、スイッチが中の場合、一度扉を閉めてしまえば、次開けるまでまったくわかりません。

そのまま出かけてしまって、帰ってきてから気が付いたということが何度もありました。

スイッチは見た目より押しやすさ優先がいいかも

一般的なホタルスイッチ。

当たり前ですが、これが一番押しやすく、消し忘れにくい、と感じます。

LEDで点灯、消灯がわかるのは本当にありがたいです。

また、暗い中、スイッチを探すときも消灯時は緑に光っているため、わかりやすい。

見た目が普通すぎるという以外はデメリットはありません。

照明のスイッチは毎日使用します。

こういったものはたいていの場合、便利を優先すべきもの。

見た目も気になるかもしれませんが、やはり使い勝手優先でいいのではないかと思います。

ただ、使い勝手は覚悟のうえで、おしゃれなスイッチを採用するのもありです。

わかった上でなら後悔も少ないと思いますので、あえてトグルスイッチなども面白いかもしれません。

でも、やはり使い勝手は普通のスイッチがベストです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました