玄関とカーポートをつなぐ

外構の失敗

雨が降っている時、カーポートがあると非常に便利。

車からの乗り降りのときに雨を気にしなくてもいい。

さらに、雨が降っても車があまり汚れないのもありがたい。

カーポートは無いよりは、ただ有るだけですごく便利なのですが、それにもう一工夫すべきでした。

スポンサーリンク

玄関とカーポートの関係

カーポートは、家の横につくる場合がほとんど。

家の横と言っても、カーポートが玄関からどのような位置にあるかが重要です。

玄関の続きのような位置にカーポートがあれば、車から降りてから家に入るまでほとんど濡れないまま家に入ることが出来ます。

これが玄関からちょっと距離があるような位置にカーポートがあると、カーポートがあっても、玄関からカーポートまでは傘をさすしかない。

ただ、このちょっとの距離のために傘を濡らすのも面倒な気がしてしまい、ほんのわずかな距離ですが走ることになる。

雨でぬれたコンクリートの上をダッシュする。

雨が降っている中、走ったとしても結局はちょっと濡れますし、コンクリートや玄関のタイルが雨で濡れていて滑りやすいのもあって、危ないためできれば走るのは避けたいものです。

玄関の軒部分を大きめに

玄関は、屋根があるか、家の他の部分よりも軒が大きめに出ていて、雨が吹き込みにくくなっていると思います。

でも、カーポートをつくる予定ならば、その屋根や軒をもっと大きめにすべきです。

玄関の軒を大きく張り出すことによって、カーポートの屋根を玄関の軒にかぶせるような形で建てることが出来ます。

そうすれば、台風のような横殴りの雨が降っているようなときは、吹き込んでしまうので難しいかもしれませんが、普通の雨が降っている、という程度ならまったく濡れないで車から降りて家に入ることが出来ます。

こうなっていると本当に出かけるのが楽になる。

出かける先がショッピングモールなど屋内の施設で、駐車場に屋根があるところならば、雨をまったく意識することなく出かけることが出来ます。

普通に車の乗り降りをするだけなら、それほどたいしたことはないし、玄関までもほんと数歩なら走ればいい、と思うかも知れません。

でも、買い物の帰りなど荷物を持っているときを考えれば、屋根の下で雨の心配をすることなく車と家を行き来できるというのは、非常に便利です。

やはり外構の計画はお早めに

外構は家が完成して、住み始めてから考えよう。

このように思っていました。

住み始めてからのほうが実際に家があるので外構をイメージしやすいと考えていたからです。

でも、実際に外構を検討してみると、外構と家は密接にかかわっていて、簡単に切り離して考えることはできないものでした。

家を検討しているときは、考えることや決めなければいけないことが多すぎるため外構までは考えられないかもしれません。

でも、本当におおまかな計画でいいので、検討しておくとよかったかも、と感じています。

特に家と関係性のある大物、門柱やカーポート、大きな木などのある程度の位置を想定しておくことによって、家側の備えもできますし、外構を勧めるときもスムーズにいくと思います。

我が家の場合では、玄関の軒がもう少し大きければ、普通のカーポートを建てるだけで屋根がつながることになり、非常に便利だったと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました