実際に住んだ時の延床面積の感覚

家作りの考え方

家を計画していて間取を考えていると、どんどん広くなってしまう場合があります。

たしかに収納は豊富に欲しいですし、快適に暮らすには広いにこしたことはないと考えてしまいます。

でも、実際に暮らしてみるとそれほど生活スペースは必要ないことのほうが多いのです。

むしろ使わないスペースがあることも・・・。

では、どれくらいの広さの家を建てたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

延床30坪

夫婦二人ならまったく問題のない広さです。

でも、こどもがいるとちょっと狭さを感じます。

子供部屋に一部屋取られるのでその分です。

ただ、工夫次第では、夫婦と子供一人の3人ならば狭さをそれほど感じることなく暮らすこともできます。

簡単に面積を削る方法の一つは、寝室と子供部屋を少し小さくすること。

基本的に狭いと感じるのはリビングダイニングが多いです。

リビングダイニングには家族みんなが集まることもあるため、ここが手狭に感じるシチュエーションが多いのです。

子供部屋は、広くて居心地をよくしすぎてしまうと、部屋にこもりっきりになってしまうかもしれませんし、多少狭いかも、という程度でもたいして問題はないでしょう。

子供部屋は、4.5畳、夫婦の寝室は、6畳。

どちらもやや狭いのですが、すごく不便、というほどでもない。

現在住んでいるアパートや家の夫婦の寝室はどのように使っているでしょうか?

ただ寝るだけの部屋ではないですか?

それなら6畳でも問題はありません。

今の家にはクローゼットが付いているため、昔の家のように大きな家具を置く必要はありませんので、ベッドが置けさえすれば大丈夫。

延床30坪でも、間取の工夫は必要になりますが、工夫次第では、それほど狭さを感じることはないでしょう。

延床35坪

これくらいが本当によくある広さの家だと思います。

普通の人が想像する標準的な広さの家。

夫婦二人と子供二人なら十分な広さです。

ものをため込む人の場合、やや狭いと感じることもあるのですが、ある程度物を減らす覚悟さえあれば、まったく問題ない広さです。

普通の方が想像する普通の家、標準的な家の広さですね。

間取りの工夫次第ではむしろ広く感じる場合もあると思います。

延床40坪

ここまでくると狭いと感じることはほぼありません。

子供が4人以上いて、それぞれに個室があるような状況ならわかりませんが、普通に夫婦と子供3人でもまったく狭くない。

これ以上の延べ床面積ではもう狭いという悩みからは解放される、と考えていいでしょう。

ただ、昔の田舎の家のように、大きな客間があるようだと話は変わってきます。

家の中に普段はほとんど使わない大きな部屋がある、というような間取では、狭いと感じるかもしれません。

まあ、田舎のほうで親戚が一堂に集まるような家でもない限り、このような客間は不要ですし、延床面積が40坪程度で、広い客間があるような間取りの家を建てることは、現在ではないような気もしますが・・・。

実際にはどれくらいがいい?

広ければ広いほどいい、という訳ではありません。

家族で住んでみると意外とそんなに広くなくて、むしろちょっと狭くてもいいかも、と思うこともあります。

家族の距離が近いというのでしょうか?

家族とは言え、お互いが常に近くにいる、というのは少しストレスになると思う。

かといって、離れすぎていても寂しい。

近すぎず遠すぎない距離で家族が生活している、というのが理想のような気がします。

本来は家の大きさに関係なく、家族の距離感が保てるといいのですが、いざ家にスペースがあると知らず知らずに意外と距離が広がってしまうもの。

よく言われる個人の部屋、子供部屋が快適すぎると部屋にこもってしまうかもしれないので、それを防ぐために少し小さくしたり、こども部屋にはテレビを置けないようにするなども同じことですね。

まあ、今ではスマホやネットのせいで部屋のテレビはあまり関係なくなりましたが。

こどもが成長するとそれぞれに子供部屋があったほうが、とかこどものことを考えて間取りを検討すると延床面積はどんどん大きくなります。

でも、こどもはいずれ巣立っていきます。

いつまでもその家にはいません。

狭いと感じることができるのも、それほど長い時間ではないのではないでしょうか?

金銭的に無理をしてまで広い家を建てる必要はまったくありません。

実際に家を建てて住み始めると、間違いなくもう少し広くすればよかった、と感じます。

でも、実際にもう少し広かったとしても、さらにもう少し広くすればよかった、と感じると思う。

これはもう簡単には変えることはできない家に対して、無いものねだりをしてしまっているだけなのではないでしょうか?

このように家の広さに対して不満を感じる人は、おそらくその家に大きな不満はないのです。

むしろ家に十分満足している状態かもしれません。

ちょっと不満はあるけど、おおむね快適。

家を建てて、このような感想をもったなら、家づくりは大成功と言ってもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました