リビングに収納はないほうがいい

間取りの失敗

リビングは、起きている間、家の中では一番過ごす時間が長い場所。

ということは、いろいろな物が必要となるから収納が必要。

このように考えて、リビングには収納を多めに準備しました。

テレビも納まるような大きな壁面収納のようなものから、クローゼットまで。

これだけあればとりあえずは、リビングで使うものは収納できるだろう、というくらい。

でも、そもそも考え方を間違えていたかもしれません。

スポンサーリンク

収納は見た目がちょっと

リビングをスッキリとしたかったので、収納を増やしたのですが、結果としては、その収納で見た目がごちゃごちゃしてしまうことになってしまいました。

ソファやテレビボード、LDK一体だと、ダイニングセット等もあって、もともとリビング周りは大きなものが比較的多い。

それに加えて、壁際にクローゼットの収納扉だったり、壁面収納が並ぶとどうでしょう?

想像通り、見た目はどうしてもスッキリとはいかなくなってしまう。

部屋自体を片付いた状態、家具など以外は何もなくても、ちょっとごちゃついてしまいました。

リビングは来客もある

客間なんてもちろん作っていないため、友人やそのほかの来客時は、リビングとなります。

そこに収納があると、やはりちょっと気になることになります。

まず、人が出入りするところになるので、あまり大切なものを保管しておく場所として、リビングは向いていません。

気持ちの問題でもありますが、印鑑などを出すにしても、ちょっと気になる。

もっとたいしたものではないものでも、収納の中ってなかなかきれいには収まりません。

中のものを出して取り出す必要がある場合など、お客さんの前で収納からものを出していくことになります。

とりあえず引き出しに入れておく、なんてことをすると来客時の恥ずかしいことになる場合があるのです。

リビングにある収納は、中まで気を付けなくてはいけなくなってしまいます。

こどもも来る

リビングには大人だけではありません。

こどもの友達が来たりすることもあります。

こうなると本当に危険。

何もわからないまま、大切なものが入った引き出しが開けられる場合もあります。

悪意はまったくないのですが、我が家のこどもがいつものことで引き出しを開けてしまえば、友達も何かおもしろいものないかな?と探してしまいます。

本当に危険です。

リビングには収納自体ないほうがいい

生活しだして気が付いたのは、リビングには基本的に物がないのはもちろんですが、収納もないほうがいいということ。

でも、収納が無ければ物は出しっぱなしになってしまいます。

これでは散らかっているようで、みっともない。

とは言え、リビングで使いたいものは、少なからずあると思いますので、それらを寝室などにしまっていては、いちいち取りに行かなければならず非常に不便です。

では、どうするか?

ある程度費用は掛かってしまいますが、リビングに隣接する場所にウォークインクローゼットのような形の収納部屋を作るのが一番いいと思う。

そこにすべてのものを収納する。

普通のクローゼットではなく、ウォークインであることがポイント。

どうしてもそれらを来客時に取り出さなくてはいけないときも、収納の部屋に入ってから、ものを取り出すので、取り出すところを見られなくて済みます。

これなら大事なものもある程度しまっておけます。

その部屋の扉を鍵付きなどにすれば、こどもの友達が来た時でも荒らされることもありません。

さらにメリットとして、リビングが散らかっていた時に来客があった場合、とりあえずその収納部屋のウォークイン部に物を入れてしまい、リビングだけはある程度片付いてるようにすることもできます。

そして、もう一点。

この収納部屋に家族のコートなどを掛けておくところにすれば、外出時も便利で帰宅時もリビングはスッキリです。

ただ、費用は掛かります。

でも、もしこういった部屋をつくる場合、リビングの収納家具は不要になって、そのスペースは収納部屋に置き替えることができるため、そこまで追加で大きな面積が必要ではないので、トータルした費用ではそこまで大きなコストアップではないかも。

そもそもリビングの広さには収納家具の面積も含まれていると思いますので、それらがなくなると、周りがスッキリとしているという効果も加わって、LDKが多少小さくなっても、むしろ広く感じることすらあると思います。

1階部分にこういった大きな収納は考えませんでしたが、最初から計画して絶対に作っておくべきでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました