間取りを考える上で階段は難しい問題

家作りの考え方

間取りを考えるときは、玄関やLDKの位置や大きさを最初に考えると思います。

家の何を重視するかを考えて、そこに比重を置いて間取を構成していくのですが、どうしても軽視されるのが、廊下や階段です。

玄関の位置は、土地により制約が多いため、ある程度の位置や形は、自動的に決まってしまう場合が多い。

その後、LDKや寝室などを当てはめていって、最終的に問題となるのが階段なのです。

廊下については、シンプルでそれほど考えようもないとも言えますので、比較的簡単に決まりますが、階段は難しい。

スポンサーリンク

階段の形状はいろいろある

階段を難しくさせるのが、形状がいろいろとあるのも理由の一つです。

階段にはさまざまな形がありますが、ストレート形、L形、U形、らせん形の4種類が一般的です。

ストレート形

一番シンプルなもので1階から2階に真っすぐな階段です。

1階2階の行き来が一番楽にできます。

形がシンプルなだけに、費用も他の階段より抑えることができます。

ただ、小さなお子様がいる場合、下が真っすぐに見えるため、最初は怖がるかもしれません。

そして、お子様はもちろんですが、時には大人だって階段を踏み外すことがあると思いますが、その時のダメージは大きい。

真っすぐなので、下まで滑り落ちてしまうことも・・・。

L形

途中で90度曲がっている形の階段です。

リビング階段などでもよく見る形。

曲がる部分が踊り場になっている場合が多く、足を踏み外して、滑り落ちた場合でも半分程度で止まることになります。

ただし、この形状の階段は一番スペースを取ると言えるかもしれません。

それくらい大きなスペースが必要になりますし、存在感も大きくなります。

U形

L形と同じような形ですが、90度ではなく180度曲がって折り返すような形の階段です。

比較的コンパクトにまとめられます。

L形と同じように曲がっているため、滑り落ちたときも同様に半分で止まることになります。

90度曲がりを2回して180度折り返すため、実際に階段が占めるスペースとしては、L形よりスペースが必要なのですが、L形よりも印象としては、小さく感じるかもしれません。

階段同士が接するように折れ曲がるため、他の部屋やスペースと隣接する長さが小さいので、存在感はL形よりも小さくなります。

らせん形

これはもう好みの問題です。

らせん階段には、圧倒的な存在感があります。

シンプルなリビングに、らせん階段があるだけですごくおしゃれな雰囲気を作ることができます。

また、階段にとられるスペースを狭く済ませることができるのもメリットと言えるかもしれません。

らせん階段では、中央にポールがあり、その周りを回るように階段を昇り降りすることになります。

階段が常に回っているということは、階段の踏み板が常に三角の形になっているということです。

階段の外側から内側にかけて踏み板が狭くなっていくため、 回転するように昇り降りすることと合わせて、荷物を持っての行き来が多いような方は、かなり面倒だと思います。

階段の使い勝手を考えた場合では、まず採用することはないでしょう。

階段の形のおすすめは?

階段の形状は、見た目をどれくらい重視するかによっても変わってきます。

そして、後は間取りにどの形がはまりやすいか?という他との兼ね合いで選ぶことになります。

それは、らせん階段を除いて基本的に機能としては大差ないからです。

荷物を持っての1階2階の行き来が多いという場合だけ、やはりストレート形がいいかな?と思うくらいです。

ストレート形は、階段を踏み外したとき滑り落ちる、というリスクはありますが、

あとは、間取りの関係から選択するだけだと思います。

家の中の階段の位置

階段の形状については、間取りの関係から決まります。

その間取りを考える上で重要なのは階段の位置です。

家の中のどこに階段をつけるか?これは生活の上で非常に重要。

生活するうえで、階段は1日に何度も昇り降りすることになる場所です。

その位置が悪ければ、大きなストレスとなるでしょう。

家の中の階段の位置として、よくあるのは、玄関とリビングです。

玄関

玄関ホールやそれに続く廊下に階段がある。

この間取りは昔からよくあります。

玄関から階段で2階の寝室や自室などに行くことができますし、玄関ホール、1階の廊下、階段、2階の廊下など移動のための空間がまとまっているので、外出先から帰ってきたときや、出かけるときの動線を短くすることができます。

玄関から階段に行けますので、こどもが知らないうちに帰ってきていた、出かけていた、なんてことも起こりえますので、最近では減少傾向にあります。

ただ、玄関ホールやその近くに階段があるというのは、玄関は家の端にあるため、間取りを検討してみると、意外と当てはめやすく合理的な場所でもあります。

リビング

階段の位置の最近の主流はリビングです。

こどもが帰ってきたときや、こどもの友達が来たときも、リビングを通るため知らないうちに帰ってきていたり、友達がいつの間にか来ていた、ということを防ぐことができますし、こどもが大きくなって、自室にとじこもりがちになったとしても、リビングを通らないと部屋へはいけないため、顔を合わせる機会を作ることができます。

また、リビングは生活の中心です。

そこに階段があるということは、家の中の行き来をするうえでの動線が短くなることを意味しています。

2階に行くときに、リビング - 玄関ホール - 階段 と行くよりも、リビング - 階段のほうが動線が短くなるのは当然です。

2階からキッチンに向かうときも、玄関ホールに階段があった場合、

寝室 - 階段 - 玄関ホール - リビング - キッチン

となるのに対して、リビングにあった場合は、

寝室 - 階段 - リビング - キッチン

という形で玄関ホールをカットすることになります。

階段の場所によっては、ほんの数歩かもしれませんが、これが常に違うというのは意外とストレスとなります。

もちろんリビング階段にはメリットばかりではありません。

一番大きなデメリットはリビング階段にするとリビングのエアコンなどが効きにくくなるということ。

LDKと階段が一体となってしまうため、LDK一体の場合、もともと結構な大空間なのにさらに大きな空間になってしまいます。

これではエアコンなどは効きません。

冬の場合などは、階段から2階の冷気が下りてきますので、リビングの階段の下では冷たい吹き降ろしの風を感じることになります。

階段位置のポイント

玄関、リビングともに一長一短なためどちらがいいとも言えません。

その他の場所でも問題ありません。。

においのが2階にも行ってしまうという問題もあるため、気を付ける必要がありますが、キッチンやダイニングにつながる階段もよくありますし、まったく問題なかった、という場合もあります。

あまりに奇抜なつながり方でない限り、どこでもいいのが階段とも言えます。

でも、階段なんてどうでもいいのか?というとそうではありません。

2階建てでは、1階と2階をつなぐ通路として、どのような間取りでも、1日に1度は通る場所なので、いろいろと想定して決めてください。

階段の間取り上での有効利用

間取りの上で階段を有効利用できる場合があります。

防音スペース、として用いる考え方です。

浴室やトイレなどは音が気になります。

廊下は仕方ありませんが、居室にそれらの音が聞こえないほうがいいのは当然です。

浴室やトイレの隣に収納などを配置して、防音スペースとする方法は良く取られますが、収納のかわりに階段でも、防音スペースとすることができます。

収納と違い階段には人がいるスペースではありますが、廊下のように通る場所であって、そこにずっといることはありません。

そのような階段を防音スペースとして、例えば、リビングと浴室の間に階段をつくれば、かなり音は聞こえなくなると思います。

トイレも同様に階段を挟んでトイレと居室があれば音を低減できます。

動線の一部としてだけではなく、このように利用するといいでしょう。

階段をインテリアの一部に

階段は1階と2階をつなぐ廊下の延長。

たしかにその通りなのですが、それだけでは面白くない。

そんな時は、見せる階段にするという方法があります。

ソファなどの家具よりも階段ははるかに大きいものです。

家の中で存在感があるものとしては、キッチンと階段が1、2を争います。

リビングなどで綺麗に見せるように計算されたオープンタイプの階段などは、それだけで非常におしゃれに見えます。

費用もかかりますし、その存在の大きさから他とのバランスが難しいという面もありますが、検討するだけの価値はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました