庭の綺麗は保てません

外構の失敗

ハウスメーカーで家を建てるときに、併せて外構もお願いしました。

家を外構を一緒に考えてもらっているため、見た目は素晴らしい。

たしかに、初めは最高でしたが、それが時間とともに微妙かも、と感じるようになってきました。

スポンサーリンク

家よりも庭は手がかかる

ありがたいことに、住み始めてからしばらくは、家にも庭にも大きな不満はありませんでした。

小さなものはあったと思いますが、すでに覚えていないので、その程度の不満しかなかったのだと思います。

こどもがいるので家も汚れてはいきますが、家はそういうもの、と割り切っていたためそれほど気になりませんでした。

でも、庭は違います。

考えてみれば、家は生きてはいませんが、庭の草や木は生きています。

どんどん変化していってしまうのです。

こどもと同じで家の手入れなんてほどんどしていませんが、庭にはすごく手入れなどの手間がかかることに気が付きました。

樹木は要注意

ハウスメーカーに外構を任せると、まず間違いなく木を植えることになります。

最初は、小さな木もいずれは大きくなる。

子供の成長と同じで、この家に住んでからのことなどを思うと感慨深いものではありますが、それだけ枝も伸び、葉っぱも落ちるということでもあります。

最初は、世話をしないから枯れてしまったら嫌だな、と思っていましたが、土地がいいのか、木自体が強い気なのか、理由はわかりませんが、大きくなる一方です。

いっそ切ってしまおうかとも考えましたが、初めからあったので、なんとなく愛着も出てきたりしてなかなか踏ん切りがつかない。

これ以上大きくなると、高さ的にもさらにお手入れが厄介なのですが・・・。

芝生も要注意

芝生は、地面に生えているので高さは大丈夫。

でも、こちらは木のようには簡単にはいきません。

芝生は、枯れないように保つので四苦八苦しています。

完全に枯れたりはしませんが、どうしても枯れる部分が出来てしまって、ムラが出来てしまうのです。

すごく見た目が良くない。

芝生自体はまだらにムラが出来てしまうのに、その部分にも雑草はしっかりと生えてきてしまう。

名もなき草の強さには感心してしまいます。

手入れしないことを前提にすべきだった

私のような非常にずぼらな人間には、きれいに庭を保つなんてことは難しすぎました。

手入れしていれば、そこそこきれい、でも、手入れしなくても、それほどひどくない、というような庭にすべきだったような気がします。

田舎ということもあって、少し庭が広めなのもあって、本当に手間がかかる。

梅雨から秋くらいまでは、庭の雑草との戦いです。

かといって前面コンクリートというのも味気ない。

何が正解かはわかりませんが、もう少し手間のかからない庭にすべきでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました