物置は後から置くのではなく家自体に組込むべき

間取りの失敗

家が完成して、住み始める。

はじめはものも少ないですし、何の不満もありませんでした。

でも、庭もある関係から、徐々に外で使うものが増えていきます。

庭を整備するためのものであったり、こどもが外で遊ぶおもちゃだったり。

そういったもののしまい場所に困った結果、物置を購入することにしました。

スポンサーリンク

物置は大きい

物置のカタログも見ながら検討して、大きさを決めるのですが、実際に入れるものを考えて購入しましたが、予想以上に大きなものとなってしまいました。

まず、外で使うものってだいたいのものが大きいのです。

大きなものをしまおうとするとどうしても大きな物置となってしまう。

そして、今までは玄関の土間収納部分に置いていたもので、物置に置いたほうがいいようなものをそちらに移動しようとした結果、予想より一回り以上大きな物置が必要になってしまいました。

庭の角に置きましたが、メジャーでこれくらい、と計っていた時はそれほど大きく感じませんでしたが、実際に設置すると、高さもそこそこあるため、すごく大きくて、圧迫感もすごいです。

物置はそこそこいい値段

大きな物置を購入してしまったのもあって、想像以上のお値段。

思わず有名メーカーのものを購入してしまったためでもあります。

チラシに載っているものをホームセンターへ見に行きましたが、やはり値段なりなのです。

ホームセンターで見たものより圧倒的に作りはしっかりしていますが、その分、お値段もしっかりしていました。

棚もついており、扉の開く大きさもかなり大きいため、使い勝手はそこそこいいのですが、値段はやっぱりちょっと高いと感じました。

はじめから家自体につくるべき

外の庭などに物置が置いてある家は結構ありますが、実際に自分の家で必要になって買うことになるとは思いもしませんでした。

そして、その物置を置いてみたときの大きさもまったくの想定外。

今になって思うのは、家自体に外のものを収納するような大きな土間スペースを作るのも一つの方法だった、ということです。

家自体に物置のように使うスペースを作る

玄関以外に外からも入れる大きな土間スペース、物置部屋のようなものをつくる。

中からも入れるとより便利かもしれませんが、それはどちらでもいい。

まさに外の物の収納に特化した土間の部屋。

こんな部屋があると本当に便利だったかも。

玄関に大きめの土間収納をつくりましたが、大きめといっても、外で使うものの大きさから考えると、たいして大きくはない。

そして、今の土間収納以上の大きさが必要だったなら、もう玄関とは別に土間部屋をつくったほうが良かったと感じるのです。

差額はあるがそれほどでもないのでは?

物置を置くのに比べれば、家自体が広くなるので家自体の建築費用は掛かります。

物置を購入して設置するよりは高くなってしまうのは仕方がありません。

でも、その費用対効果を考えたとき、むしろ安いくらいなのではないか?と思ってしまうのです。

家自体に土間の物置部屋を作った場合のメリット、デメリットを考えてみました。

メリット

見た目は、もう言うまでもなく、物置より圧倒的に家自体に作るほうがスッキリしていい。

物置部屋から家の中に入れるように扉をつくれば、自転車をしまって、そのまま家に入る、なんてこともできる。

玄関とは異なる土間スペースがあることで、ゴルフセットなど玄関に物があふれることを防ぐ効果もある。

汚れたものが玄関を通らないので、玄関に大きな土間収納があるより玄関をきれいに保てる。

何かの温度管理が必要な場合には、室内なのでエアコンも付けられるので使い方がかなり広がるかも。土間だから電気代はかかりそうですが・・・。

デメリット

家の建築費が高くなる。

物置部屋は土間なので熱が家側に伝わりやすい。ただ、熱については、普通の居室部分の間に断熱材の施工をお願いすれば、土間部屋の熱は家側には来ないため快適さは損なわれません。

・・・他にはこれと言ったデメリットが思い浮かびません。

物置スペースは造るべきでは?

メリット、デメリットを比較してみて、今家を建てるときに戻れるならば絶対につくりたいです。

何より、見た目が圧倒的にすっきりしますし、家の中からの扉をつくれば、普通の物置と比較して利用シーンが圧倒的に増えます。

費用については、確かに掛かってはしまいますが、その後の利便性や管理とかのことまで考えると、はっきり言ってたいした費用ではないと感じます。

家を検討しているときには、玄関以外に土間の収納を作るなんて、思いもよらなかったのですが、作れば絶対に便利だったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました