キッチンの通路幅の正解は?

キッチン

キッチンは使いやすくしたい。

皆さんそのように考えて、設備を検討していると思いますが、設備としてのキッチン自体だけでなく、その周囲についての十分な検討が必要でした。

その中でも今一番気になっているのが、通路の幅です。

キッチンというと、シンクやコンロなどを思い浮かべますが、実際に人が作業して、行ったり来たりすることになる通路部分は意外と忘れがちです。

でも、その通路こそがキッチンの使いやすさを左右するといっても言い過ぎではありません。

スポンサーリンク

標準的な通路幅は?

キッチンの通路の標準的な幅は、だいたい90cmです。

ただ、これはあくまで標準的な幅。

1人でキッチンで作業する場合を想定しています。

これが休日に頻繁に人を招いてホームパーティーをしたり、夫婦で料理したりすることが多い方には少し狭いとも言えます。

2人が何度もすれ違うには、この幅はやや狭いのです。

そのため複数でキッチン作業をすることが多い方には、100cm以上になるようにすることをおすすめします。

ちなみに、通路幅の広いキッチンを見たとき、見た目だけを考えるともっと広くてもいいように感じます。

特にアイランドキッチンなどでは、キッチンの位置は自由に設定できますので、通路を広く取りたくなります。

たとえば、通路が120cm以上のアイランドキッチンを見ると、すごくスタイリッシュに見える。

でも、実際に使いやすいかは別問題。

特に、主に一人で使用する方は、とにかくキッチン背面にある物が遠く感じてしまい、この幅がストレスになってしまう場合もありますので気を付けてください。

逆に標準的な90cmより狭い場合はどうでしょうか?

80cmくらいまではたいして気になりませんが、これより狭くなると、さすがに窮屈になってきます。

引き出しの開閉まで気になる幅になってくるので、キッチンやカップボードの奥行を標準より浅いものに変更したほうがいいかもしれません。

たまに、キッチン自体の収納と背面にあるカップボードの収納の両方の引き出しを出しても使えるように広いほうがいい、というようなアドバイスも聞きます。

ただ、基本的に両方の引き出しを引き出した状態にするようなことは、ほぼありませんので、そのようなレアな状況を気にする必要はないと思います。

冷蔵庫は奥行が深い

冷蔵庫の奥行が問題になることもあります。

一般的に、キッチンボードは奥行45cmのものが多くなっています。

奥行深めの物でも50cmから55cm程度。

では、冷蔵庫はというと、奥行が70cmくらいが一般的。

浅いものでも、65cmくらい。

ということは、通路に冷蔵庫を置いた場合、その部分だけ少し狭くなってしまいます。

結局のところ、狭い部分が通路として有効な幅となるので、そこを基準に通路幅を決めると、広めの通路となってしまうことが多いのです。

こう考えると利便性から、キッチンの通路部分のどこかに冷蔵庫のスペースを作ることが多いのですが、通路部分を有効に使うためにも、通路部分には冷蔵庫を置かないほうがいい、とも考えられますね。

キッチンの最適な通路幅は?

1人で調理することだけを考えるなら、90cmくらいがベストだと思います。

80cmくらいまでは使いやすさとしてはむしろ狭いほうが使いやすいかもしれませんが、通路幅80cmは、なんとなく圧迫感を感じてしまいます。

ただ、この通路幅90cmがいいのは、あくまで通路幅を常に90cm取れることが前提です。

たとえば、ごみ箱をて近くに置いておきたかったり、小さなラックを置いておきたい場合などは、それらが出っ張ることになり、通路幅は実質狭くなってしまう。

このような使い方をする場合はもっと広いほうがいい。

そうなると120cmあってもいいくらいです。

また、狭いから頼みにくい、という状況もあります。

キッチンの通路が広ければ、手伝うほうも、手伝いをお願いするほうも楽です。

カップボードから食器を出して、お皿に盛り付けをお願いする。

こんなことも通路が狭くては、頼みにくくなってしまいます。

90cmはあくまで標準の幅。

最低限なら80cm。

それ以上の幅は、見た目と好みの問題として考えて検討してみてください。

ただ、使いやすいのは、これくらいだとわかっていても、120cmくらいの通路の広いすっきりとしたキッチンを見ると、すごく羨ましい気持ちもあります。

もしかしたら主人やこどもが手伝ってくれるかも、という期待も込めて、広い通路を採用してもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました