へーベルハウスを止めた理由

検討したけど止めた理由

四角くて外壁に特徴がある。

鉄骨で高い。

何も知らない状態でのへーベルハウスのイメージはこんなところではないでしょうか?

モデルハウスに行くともちろんさらに詳しく教えてもらえます。

へーベル板がどのようなものであり、どんな特徴があるか、などなど。

でも、我が家は早々に断念しました。

とにかく値が張る

超絶に高い。

高すぎる。

我が家はかなり多くのハウスメーカーを検討して、プランと見積をもらいましたが、そのハウスメーカーの中で最も見積金額が高かったのがへーベルハウスでした。

我が家が想定している予算はこれくらいです、と伝えたのですが、これくらいになってしまいます、という感じでものすごい見積が出てきてしまいました。

それを見たときはショックというよりは、正直言って、見積をお願いしたのが恥ずかしくなってしまいました。

まあ、営業さんも我が家が伝えた要望に対して、その金額では到底建てることはできないことは、わかっていたと思います。

個人的には、買ってくれそうもない我が家のために時間と手間を取らせてしまって申し訳ない、と感じてしまったくらいでした。

ALC外壁の見た目って・・・

へーベルハウスの外壁はおそらくあのALCだけなのではないでしょうか?

鉄骨でALC。

外壁のALCにこだわりがないならば、へーベルハウスを選ぶ理由は特にないような気がします。

そして、私は個人的にあの外壁はそれほど好きではなかったのです。

好みではないのになぜ見積をお願いしたのか?

理由は、強い家が欲しい、と思ったから。

地震が多い日本ではやはりとにかく強い家が安心だと思って、へーベルハウスにも見積をお願いしました。

でも、やっぱり最後の最後まで外壁はそれほど好きにはなりませんでした。

ただ、ALCの柄のパターンも結構種類がある上に、色については、かなりのバリエーションがあり、好みの色を選べるようだったので、四角くてALCの外壁という外観のため個性が出しにくいへーベルハウスですが、パターンと色の選び方によっては、想像以上に個性は出せるのかもしれません。

もし、へーベルでどうしても建てたい、でも、個性も出したい、という場合は、家の形状自体を単純な真四角にしないことが第一条件だと思います。

金額は上がりますが、形状で少しあそびを持たせて、それに合わせて、外壁を検討すれば、結構個性的な家が建てられると思います。

とは言え、ALCの外壁の雰囲気から、モダンな雰囲気の家にはできますが、ナチュラルなテイストなどはなかなか難しいとは思います。

外壁について話を聞いていて気になったのは、あの外壁には、メンテナンスとして再塗装が必要らしいです。

予算が厳しい我が家の場合、当然ランニングコスト、メンテナンス費を貯めるのも厳しそうだ、とも感じてしまいました。

3階建てにはよさそうだけど

へーベルハウスは、鉄骨で外壁はあの厚さのALC。

すごく強いだろうということは容易に想像できますし、実際強いのだと思います。

ある程度の地震がきてもかなりの安心感はあると思う。

でも、普通の2階建の住宅にあれほどの強度は実際必要なのだろうか?という疑問もわいてきました。

万が一の大地震への備えとしても、そこまでの強度が必要なのだろうか?

強ければ強いだけいい、という考え方もありますが、もちろんそれ相応の費用は掛かってしまうわけで・・・。

最初はとにかく強い家が欲しいと思っていましたが、 結局は予算の都合なのですが、 家の強度は特別強くなくて普通でもいいから、それだけお金をかけるなら、もう少し広い家が欲しい、と思うようになっていきました。

全体としての印象はいいが

個人的には、かなりの数のハウスメーカーから見積をいただきましたので、営業さんもかなり多くの方にお世話になりました。

その中でもへーベルの営業さんは一番好印象でした。

家も悪くない。

実際に家は非常に頑丈だと思う。

はっきりとここが問題だ、というような点は特にありませんでした。

けれど、見積を見て瞬時にあきらめることができました。

予算は伝えてあったのですが、まったく足りなかった。

おそらく、最初に出した要望をできるだけ低い金額ですべて実現した見積だったと思う。

要望をすべて満たしてへーベルハウスで建てた場合は、これくらいはかかりますよ、という見積だったのでしょう。

出てきた金額は、あっけにとられるような金額でした。

あまりにも希望金額からの乖離が大きくて、営業さんには申しわけなかったのですが、思わず笑いが出てしまいました。

まあ、他のメーカーでも、予算不足と思わされましたが、へーベルハウスでは圧倒的な予算不足でした。

プランが違うため簡単に比較はできませんし、仕様をきちんと比較したわけではありませんので単純な金額の比較ですが、積水ハウスよりもかなり高かった。

まあ、積水はシャーウッド、対してへーベルハウスは、鉄骨だから当然のことで仕方ないかもしれませんが。

コメント

  1. やす より:

    2018年現在では30年保証。
    その間の点検補修は無料ですよ。
    防水塗装が30年で必要ですが400万払えばまた30年保証です。
    60年で400万の維持費です。

    キチンと説明を受けたのでしょうか?
    たしかに坪90万にはなりましたが、約52坪でコミコミ6700万でした。
    キッチン、お風呂などはグレートの高い物でした。

    • house-knowhow より:

      コメントありがとうございます。

      数年前のことになるので現在とは異なるかもしれません。
      誤解させてしまい申し訳ございません。

      当時は10年保証、再塗装は20年目に予定されていたと思います。
      今では30年保証なのですね。
      30年は躯体に限ったことだと思いますが、その間の点検補修が無料というのはすごいかもしれません。

      坪単価90万!
      うらやましい限りです。

タイトルとURLをコピーしました