部屋のダウンライト採用はあまりおすすめしない

部屋の明かりと言えば、シーリングライト。

以前はこれしかなかったといってもいいくらいすべての部屋にシーリングライトが付いていました。

このシーリングライトに取って代わろうかというほど、最近ではよく採用される照明が出てきました。

ダウンライトです。

ダウンライトとは

ダウンライトは、一般的に天井に埋込んで取り付ける小型の照明のこと。

昔から存在はしていたのですが、一般住宅にはあまり採用されませんでした。

住宅に採用されなかった大きな理由としては、コスト。
ダウンライトは基本的に小型の照明なので照らす範囲が限定されており、一つで広い範囲を照らすことができません。

部屋全体を明るく照らすには数を増やすしかない。

ダウンライト1個の金額はたいしたことはないのですが、部屋全体を照らすとなるとたくさんのダウンライトが必要となり数が多くなってしまう。

結果、シーリングライトよりかなり金額がアップしてしまいます。

さらには、器具自体の金額だけではなく、照明を付けるには、取付工事が数の文だけ必要となりますので、手間もかかります。

そして、数が増えた弊害として、ダウンライトの電球の球切れが頻繁に起こることになります。

シーリングライトなら1個か2個の蛍光灯というのが一般的でした。

これがダウンライトになると部屋に8個付いていたりします。

ということは同じ頻度で球切れが起きるとすると、4倍以上の頻度で球の交換をすることになってしまいます。

これらが住宅に採用されなかった理由です。

なぜ最近は住宅にもダウンライト?

コストアップなのに採用されるようになったのはなぜでしょうか?

まず言えるのが、ダウンライトもLEDになったということ。

これによって、電球のように頻繁に切れることはなくなりました。

LEDにより長寿命化、さらに価格もそこそこ安くなり、コスト面も改善しつつある。

こうなってくると住宅にも採用したくなりますよね?

器具は埋め込まれますので、シーリングライトのように大きく出っ張ることもなく天井がフラットになります。

天井をスッキリと見せることができ部屋をより広く見せることができます。

部屋のダウンライトについて

ダウンライトを採用すると天井に照明が埋め込まれる形になるため部屋をスッキリと見せることができる。

でも、実は弊害もあります。

ダウンライトを採用する場合、今ならLEDだと思います。

LEDは省エネで、寿命も長く、最近では値段も安くなってきましたので採用したくなるのも当然です。

上でも説明しましたが住宅にもダウンライトが普及したのはこのためです。

でも、ダウンライトって大きさがあまり大きくありませんよね?

それで広い部屋を照らすことになる。

小さなダウンライトでも暗くならないように数を多めにつけて部屋全体が明るくなるようにしている。

ということは、天井にたくさん照明がついているということになる。

でも、埋め込まれているため目立たないから見た目はまったく問題ありません。

何が問題かというと、試しに天井を見上げてみてください。

照明がすごくまぶしくないですか?

ダウンライトの場合、照明の数が多いだけに上を向いた時、直接照明を見てしまうという状況が生まれやすいのです。

普通のシーリングライトの場合、照明は部屋の中央に一個。

照明を直接視線に入れるのは一方向のみとなります。

でも、ダウンライトの場合、いくつかの方向に照明器具があるのです。

これはダウンライトの欠点の一つだと思います。

また、LED照明は、指向性があるようで、直接照明を見たときの明るさはかなりのものです。

さらに、一般的なシーリングライトは、実際に光っている中のLEDや蛍光灯よりも、カバーとなり光る部分の面積が大きくなっていると思います。

これは光を拡散させて広げる効果があります。

広げた分だけ光は弱くなるので、弱い光が部屋全体を照らします。

対して、ダウンライトの場合、LEDが直接照らす形となっているため、照明一個一個の光の強さは普通のシーリングライトより強く感じます。

ダウンライトがまぶしいといっても、店舗などではよく使われているからそれほど気にすることはないのでは?という意見も見かけますが、一般家庭に向いているかはまた別問題。

まず、店舗は天井が非常に高いことが多いのです。

基本的に天井が高いとその空間が広く見えるため、店舗などは天井が高いことが多い。

というか、店舗では天井を意識したことなんてないのではないでしょうか?

天井が高いところだと4m以上のところもざらにあります。

天井を意識できないくらい高くなっているとも言えます。

照明は距離が離れれば明るさは一気に感じなくなります。

そのような空間では指向性のあるダウンライトでないと明るさが届かず暗くなってしまウとも言えます。

さらに、ダウンライトで空間に明暗を付けることにより空間を演出するという効果もあります。

これらの理由から、店舗にはシーリングライトよりも、ダウンライトが適していると言えます。

対して、一般住宅のような2.4m程度の天井高ではダウンライトは本来あまりお勧めできない種類の照明です。

天井が低いと照明との距離が近いということ。

そのため光に指向性のあるダウンライトでは照らす範囲が余計に狭くなってしまい、広い範囲を照らすことができません。

また、ダウンライトを採用すると照明の数が増えたために管理が煩雑になります。

LEDダウンライトにより球切れはほぼなくなったといってもいいと思います。

ただ、球切れはなくなっても、実際には器具自体の故障が起きてしまっています。

たしかにLEDは、ほぼ寿命がないといっていいくらい長寿命です。

でも、それは実際に光るLEDの部分についてです。

それをコントロールしている機器側は違います。

LED自体は大丈夫でも、LEDに電気を供給している基盤や制御回路が故障してしまい、結局器具ごと交換することになってしまうのです。

さらに厄介なことに、ダウンライトは埋め込まれて取り付いていますので、電球だけを交換できるタイプ以外は交換を自分ですることはできません。

照明の故障のたびに電気屋さんにお願いすることになってしまいます。

最近では非常に保証期間の長いものも出てきましたが、一般的な照明のメーカー保証は1年程度だと思います。

もし、器具の故障が平均して5年程度で起きるとするともし一つの部屋にダウンライトが5個付いていた場合、2年に一個は壊れるということになりかねません。

ちょっといい加減な計算ですが、2、4、6、8、10年で一個ずつ照明が壊れるとすると平均すれば6年で壊れたということになります。

あくまで可能性の話ですし、ちょっと早く壊れすぎではありますが、それほど突飛な話ではなく十分ありえる話です。

あまりこういったことは言われていませんが、コストの面からも、管理の面からも、一般的なシーリングライトが住宅には適していると思います。

本来のダウンライトの使い方

部屋全体をダウンライトで明るくする。

これは本来のダウンライトの使い方からやや逸脱するものです。

ダウンライトとは、光の広がりが比較的小さいため、その範囲は非常に明るいけど、その外は暗い。

照明により明暗を作って空間を演出するというのがダウンライトの一番の役割でした。

店舗でも住宅でもこのような使われ方だったのですが、いつの間にか部屋全体をダウンライトで明るく照らすというような使われ方になってきています。

もし、部屋を明るく照らしたいのなら、ダウンライトではなくシーリングライトや別の照明のほうが適していると思います。

ダウンライトは、空間演出のために補助的な照明として使うのがいいのではないでしょうか?

居住空間にはシーリングライトがおすすめ

基本的にシーリングライトは居住空間に適しています。

特に日本の室内はかなり明るい。

日本の文化として、あまり室内の明暗を楽しむような感覚は少ないのではないでしょうか?

部屋全体を明るくするための照明としてはシーリングライトが最適なのです。

昔のようにただ丸だったり四角のシーリングライトだけでなく、最近では非常にデザイン性の高いものも増えてきました。

ダウンライトも悪いわけではありませんが、それだけに縛られず、シーリングライトも選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

ちなみに、廊下などにはダウンライトが非常に適しているような気がします。
狭い空間にいくつか配置。

多少空間に明暗があっても違和感はありませんからね。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク