照明の違い

0006

我が家は部屋の壁紙などを標準的な白いものにしたので、
部屋にあまり特徴が無かったので、照明くらいはと思い、
とにかくデザインを優先して選びました。
そのおかげかシンプルな部屋の中でいい感じに存在感があり、
なんとなくおしゃれな空間になりました。
ただ、デザインを優先して選んだため、
LED、蛍光灯、白熱灯が混在しています。
ほとんどは問題なかったのですが、一ヶ所だけ気になるところが。

その一ヶ所は、蛍光灯とLEDが結構近い距離でついているところ。
ショールームで見て知ってはいましたが、
LED、蛍光灯、白熱灯ともに色味や光の加減が違います。
色味については、ある程度考えて統一できたのですが、
光の加減は考えてませんでした。
そこでは、蛍光灯の光に対して、LEDがかなりの明るさに感じます。
そもそも蛍光灯だけでも十分に感じられるところに、
さらに明るいLEDが光っている。
しかも、蛍光灯のついている部分が明るいほうが飾り棚の関係上いい。
今は完全に逆。
そんなに明るくなくてもいいLEDのとこが、
スポットライトみたいに明るくなってます。
まあ、それほどきになりませんが、
色味だけでなく照明の明るさには要注意です。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク