窓と室外機

0286

家の見た目をできるだけスッキリさせたかったので、
エアコンの室外機を置く場所を考えておきました。
一番見られる南面にはできるだけおかないで、
東と西に振り分ける。
少し強引な感じですが、何とかなりました。
これでOK。
ただ、間取りを検討中、窓の大きさが気になりました。
すべての窓が少し小さく感じたので、
一ヶ所だけもう少し大きな窓に変更。
その都合で窓の位置も動かしました。

その変更した窓が問題でした。
それはエアコンスリーブの下になってしまっていました。
エアコンを取り付けると、外のエアコン配管用のダクトが窓をよける形になり、
かくかくと窓をよけて室外機へ。
なんかちょっとみっともないです。
最後に変更したため、そんなことは考えもしませんでしたし、
腰高窓で、室外機自体には影響しなかったため、すっかり忘れていました。

家の工事中に気がついたのですが、
スリーブ位置をずらそうにも、柱の関係でいい位置には動かせず。
仕方なくそのままであきらめました。
せっかくこだわってスッキリさせようとしたのですが、
最後に注意が行き届きませんでした。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク