廊下はいらない?

間取りの失敗

間取りを考えるのって楽しいですよね。
家作り中で一番楽しいのが間取りを考えている時かもしれません。
要望を伝えて、ハウスメーカーから作ってもらった間取りを見て考える。
ここをこうすると動線がいいけど、ここに無駄なスペースが、とか、
いろいろと考えて修正していきます。
何度も修正してもらって、かなりいい間取りができました。
でも、もっとよくしたい。
さらに間取りを考えていると、廊下が無駄に思えてきます。
基本的には、通路として通るだけの場所。
そこですごすことはありません。
こう考えると廊下ってすごく無駄。

それならばと、できるかぎり廊下を少なくして、
1階はリビング階段で、洗面などにもリビングから出入りする形。
2階もできる限り、廊下なし。
階段を上ると私たちの寝室と子供部屋二つの扉が並んでいる形。
これで廊下は玄関くらいなもので、ほぼなくなりました。
設計の方にこんな感じにできますか?と聞いてみると、
これなら可能です、とのこと。
やったあ、これで完璧だ。と思っていたのですが、
住み始めたら、ちょっと変な間取りだと感じるようになりました。

まず、感じるのが、廊下をほぼなくしているため、
なにをするにもリビングを通らないといけない。
家族を感じられるというメリットはありますが、
なんか常に人がいったりきたりしていて落ちつかないリビング。
案外不便です。
それと2階も良くない。
階段上ると小さなスペースにたくさんの扉が並んでいるのですが、
たまたま同時に出入りしたりするとそこで家族が鉢合わせ。
どうもあまりいい感じとはいえません。

やはり普通に廊下があったほうが、よかったような・・・。
今までが古い家に住んでいたため余計に感じるのかもしれませんが、
ちょっとおかしな家となってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました