扉の色は高い

設備のショールームって楽しいですよね。
ただ見ているだけでも楽しい。
そして、実際に設備を決めるとき、
ショウルームの方にいろいろ説明を受けながらキッチンを見ていると、
やはり最新式のほうが当然性能がいいわけで、
オプションをどんどんつけたくなってきます。
で、最終的にかなりの金額になってしまいました。
最後にキッチンの扉色を決めるとき。
この扉の色。かなりのくせものです。
主人が後悔しないように好きにしたら言いといってくれたのもあり、
ほんとうに一番好きな色を選択。
いいお値段でしたが、2番目に高い色を選びました。

0008

結果、なんの不満もないキッチンができたのですが、
アイランド型ならともかく、普通の対面型の我が家。
そもそもキッチンの扉が視線にあまり入らない。
そして、よりによってよく見えるカップボード側は、
予算の都合と今まで使っていたものがまだきれいだったので、
以前のものをそのまま持ってきたため、
せっかくの高級な扉色がまったく目立たない。
ちょっともったいなかったかも。
そのときはこの色しかないとこだわりましたが、
どうせならその分、他をグレードアップすべきでした。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク